WKBW-TV

このセクションは長すぎるため、快適に閲覧、移動できない場合があります。 コンテンツをサブ記事に分割する、凝縮する、または小見出しを追加することを検討してください。 この問題については、記事のトークページで議論してください。 (2017年8月)

WKBW-TVは現在、Eyewitness Newsというブランドで毎週27時間(平日5時間、土曜・日曜各1時間)の地元制作のニュースキャストを放送しています。 また、同局は30分のスポーツ・ラップアップ番組「Sunday Sports Final」を制作し、日曜日の夜11時のニュース放送の後に放送しています。 WKBW-TVの天気予報スタッフは、WKBW-TVのニュース番組の予報のほか、タウンスクエアメディアが所有する2つの地元ラジオ局、WMSXとWYRK、およびエンターコム所有のWBENの予報も提供しています。

アーヴ、リック、トム時代(1970-1989)編集

放送開始当初からニュース業務を行っていたが、WBEN-TVへの視聴者の大量流出により、1965年秋に午後6時からのニュース放送を中止した。 午後6時のニュースキャストの代わりに、WKBW-TVのイブニングニュースキャストは初期の頃は午後7時20分に放送されていた。 1970年から2003年9月1日まで、そして2008年10月27日からは、WKBW-TVはニュース業務をEyewitness Newsと呼び、それ以来、象徴的なサークル7のロゴのバリエーションを使い続けています。 しかし、1972年秋以降は、フィラデルフィアの姉妹局WPVI-TVで長年使われていた「Action News」フォーマットの基本要素のほとんどを借り、ニュースディレクターのアーヴ・ワインスタインが開発し「Rock ‘n’ Roll Radio News」(テレビ用に修正)と名付けたフォーマットと組み合わせました。 WPVI-TVで有名になったテーマ曲「Move Closer to Your World」(局内では「The Eyewitness News Theme」と呼ばれていた)も使用された。 さらに、WKBW-TVはWPVI-TVの多くのオンエアタレントを供給していた。 ワインスタインは1964年から1998年の大晦日に引退するまでWKBW-TVのメインキャスターを務め、その間はニュースディレクターを兼任していた。 1965年から1989年までは、スポーツディレクターのリック・アザー、WBEN-TVから引き抜いた天気予報士のトム・ジョルス(「コマンダー・トム」の司会を兼任)とコンビを組み、1989年にアザールが引退するまで、テレビ史上最も長く続いたキャスターチームであった。 1970年代半ばの正午のニュース番組では、ジム・ガードナーとデイブ・トーマス(現デイブ・ロバーツ)のWPVIの長寿アンカーチームが初めてコンビを組み、トーマスの代役としてダニー・ニーバースがたびたび登場するようになった。 1983年以前は、全米放送事業者協会の優良放送基準(Seal of Good Practice)を遵守していた。 1989年にはニューヨーク州初の朝のニュース番組が始まった。 Good Morning Western New York(1989年から2000年までと2009年9月から2010年9月までは番組のタイトル)は当初、午前6時に始まりました。 2000年から2003年9月1日までと2008年10月27日から2009年まではEyewitness News This Morningとして、2003年9月2日から2008年10月24日までは7 News This Morningとして知られていた(WKBW-TVの朝の番組は、次に競合するWIVB-TVが朝のニュース番組Wake Up!を開始したのが1994年であり、7年先行している。 WGRZ-TVは1996年にDaybreakでこれに続いた)。

1989-2003Edit

1989年頃から1997年2月まで、同局は自らをニュースチャンネル7と名乗ったが、ニュース番組にはEyewitness Newsの名前を後世に残すため、やや長い局アナ(例えば、「From WKBW-TV News Channel 7, this is Eyewitness News at 5」)になってしまった。 同様の状況は1997年から2002年までフロリダ州ジャクソンビルのCBS系列局WJXTでも発生し、同局はニュース番組をEyewitness Newsと呼び続ける一方、一般向けにはWJXT NewsChannel 4と名乗りました。 この時代には、「Move Closer to Your World」のテーマを、より未来的なシンセサイザーベースのバージョンに編成し直した。 1998年から2002年までは、”Your Hometown Advantage “というスローガンを使用していました。 Eyewitness Newsは長年バッファロー市場で最も視聴されているニュース番組であり、トロント市場では同地域のローカルニュース番組よりも人気があった時期もあった。 これは、WKBW-TVの「タブロイド」「センセーショナル」な制作スタイルと対比して、トロントのローカルテレビニュース番組は「地味」で「退屈」だというカナダの視聴者の意識によるもので、アメリカのテレビ局はローカルニュース報道をカナダの伝統である「公共サービス」ではなく「商品」としてアプローチしていると批判する人もいます。 しかし、2000年にニールセンの視聴率制度がバッファロー市場を日記市場から自動計測市場に切り替え、WKBW-TVの評価が高まったこともあり(ワインスタインとジョルスがそれぞれ引退したこともあり)、結局ライバルのWIVB-TVに1位を追い越されたが、それでも市場のローカルニュース局が三つ巴で戦っているのが現状であった。 1990年代半ばから、WIVBはいくつかの不審な行動を取り始め、それが底辺への転落の始まりとなった。 ライバル局のWIVB-TVが2012年9月にWIVB-TVのゴールデンタイムの番組の前座として、WKBW-TVの5時ニュースの前座を務めていたThe Oprah Winfrey Showを更新しなかったことが、WKBW-TVの衰退とWIVB-TVの視聴率上昇を早めたとされている。 2000年、WKBW-TVは長年午後5時のアンカーを務めていたキャサリン・レイトンを朝方に追いやり、元WIVB-TVの気象キャスターで、トーク番組「Good Day New York」の司会を務めていたマリア・ジェノを起用する。 ジェネロは夕方のニュースキャスターとしての経験は少なく、数カ月でレイトンは局を辞め、ジェネロが朝に移った。 その後、WIVB-TVはほぼすべてのタイムスロットでWKBW-TVを抜き、約30年ぶりに首位の座を明け渡した。 そして2002年、「Your Hometown Advantage」を4年間使った後、WKBW-TVは全米の局で使われている「Live, Local, Late Breaking」というスローガンを採用し、同年9月2日から独自のローカルトークショー(WNY Live!を開始した。当初は長時間の特集番組だったが、すぐに広告中心の番組となり、集客力の低い朝の時間帯には主にこのタイプの番組が浸透したが、午後はほとんど成功せず、夜のニュース番組の視聴率には「致命的」とも言われた。 しかし、2003年9月、最も象徴的な変化が起こりました。長い間受け継がれてきたブランドをやめ、より一般的なニュース画像にしたのです。

7 News (2003-2008)Edit

WKBW-TV satellite truck with branding from the 7 News era.

WKBW-TVでは新しいアイデンティティを採用し、Eyewitness News時代を終了させることに決定しました。 同局のニュース番組は 2003 年 9 月に 7 News として生まれ変わり、「Move Closer to Your World」は廃止され、より現代的なニュース音楽パッケージ (615 Music の Right Here, Right Now) に変更されました。 2006年から2007年にかけて、WKBW-TVはSportsniteというWKBW-TVのスポーツ部門のメンバーが司会を務める夜のスポーツトーク番組も制作し、平日夜7時にWNGSで放送していた。 しかし、2007年4月、大々的な広告の嵐にもかかわらず視聴率が非常に悪かったこと、バッファロー・セイバーズがプレーオフに進出したこと、2007年のNFLドラフトを控えていたことなどから、Sportsniteはキャンセルされた。 Sportsniteが放送されている間、WNGSは衛星放送で視聴できなかったため、番組の視聴者は限定されていました。 2009年まで、WKBW-TVは大学のホッケーとバスケットボールのシーズン中、ナイアガラ大学と協力してSportsniteの特別バージョン、Sportsnite Niagaraを制作し続けました。 WKBW-TVは大学フットボール・シーズンの2008年9月に土曜日のニュースキャストを休止し、フットボール・シーズン終了後の12月に再開した(例年、フットボールの試合がある場合は各ニュースキャストが約1時間遅れていた)。 また、2008年9月19日には午後11時からのニュースの導入部にこのテーマを再導入し(「あなたの子供がどこにいるか知っていますか」というスピーチの復活とともに)、午前2時からの1分間ニュースではEyewitness Newsという名称を使いはじめた。 2008年10月22日、WKBW-TVのニュースキャスターは「ビッグ・ティース」と呼ばれる、表向きは極秘の「大きな変化」が訪れることを発表しました。この変化については一部の上級スタッフのみが知っていましたが、Eyewitness Newsの名前とクラシックなテーマの復活が広く予測されていました。 2008年10月27日、朝のニュース番組からEyewitness NewsブランドがWKBW-TVのニュース番組に永久に戻り、「Move Closer to Your World」が同局のすべてのニュース番組に全面的に復活したのです。 しかし、その後2年間は2003年のスタジオセットとグラフィックパッケージのままで、7ニュースのブランドと「Live, Local, Late Breaking」のスローガンは午前2時のニュースブリーフに追いやられていました。 その結果、WIVB-TVがTime Warner CableおよびAtlantic Broadbandとキャリッジ紛争を起こしたこともあり、WKBW-TVのニュース番組はWGRZに次ぐ2位に浮上したのです。 WIVB-TVがケーブル2社に戻った時点で3位に後退していたが、WKBW-TVは紛争中に獲得した多くの視聴者を維持し、バッファロー市場のテレビニュース番組は、同局の朝のニュース番組だけが依然として遠い3位で、再びかなり接近した視聴率競争になっている。 視聴率は当時から低迷していた。 2009年9月から2010年9月まで、朝のニュース番組のタイトルは「Good Morning WNY」に変更された。 2010年10月にブリジット・ブライスが退社した後は、「Eyewitness News This Morning」に戻し、ジンジャー・ジェオフェリーとパトリック・タニーがキャスターを務めています。 朝の番組は主要な人口層で人気が高まり、2011年5月には視聴率でWIVB-TVと並んで2位になりました。しかし、午後11時のニュース番組の視聴率は、市場の深夜のニュース放送の中で、WIVB-TV制作のWNLOの午後10時のニュース番組に続いて4位まで落ちました。 WKBW-TVは2010年10月にセットとグラフィックも一新した。 2011年10月には視聴率がやや回復し、WKBW-TVの午後11時のニュース番組はWIVB-TVに次いで2位に躍進したが、WGRZには及ばなかった。

Upgrade to high definitionEdit

2011年8月13日、午後6時のニュース番組から、WKBW-TVはバッファロー市場で初めてローカルニュース番組のハイビジョン放送を開始するテレビ局となった。 バッファローの雇用が失われましたが、マスターコントロールのアウトソーシングは、既存のマスターコントロールルームを標準画質からHDにアップグレードするよりもはるかに低コストで済みました。 HDグラフィックスとSD映像のアップコンバートを併用していたライバルのWGRZは、これを受けて真のHDにアップグレードする意向を表明し、2011年10月29日にアップグレードを完了しました。 業界トップのWIVB-TVは、当初HD化の意向を表明していませんでしたが、ライバル2社に対抗してHD化の意向を表明し、2012年2月1日にHD化を果たしました。 WKBW-TVのスタジオカメラはトゥルーHDですが、同局のニュース映像の大部分は4:3の標準画質で制作され、それを16:9のアスペクト比にアップコンバートしています。

2010sEdit

2010年代初頭は、ランサムとニュースディレクターのジョン・ディ・シウロの2人の重要なリーダーが局を去り(ランサムは引退、ディ・シウロはWBBZに移り、現在は同局のゲーム番組「ブラギングの権利!」のホストを務めている)、WKBW-TVのニュースルームは激動の時期であった。 ランサムの後任のマイケル・ナースは、スタッフを増やし、モーニングショーを一新することで、比較的手薄だったニュースルームの改革を図りました。 新ブランド「Good Morning」の司会には、市場外の新人コール・ヒースとティファニー・ランドバーグを迎え、気象予報士と特集レポーターのマイク・ランドールは前スタッフから引き継ぎました。 しかし、WIVB-TVが同時にモーニングショーのスタッフを強化したため、WKBW-TVがスタッフを一新して得たかもしれない利益が損なわれ、2013年秋には、ビルズのプレシーズン中継でモーニングショーの宣伝を行っても(広告キャンペーンがヒースとルンドバーグを放送エリア内の町の名前を発音できないという描写で、実際には裏目に出たかもしれない)視聴者を1/3に減らしてしまった<6550><5024>2014年-現在。 スクリプス時代Edit

リニューアルから1年後の2014年8月、Good Morningは中止、ヒースとランドバーグは解雇、ランダルは週末に降格(本人の希望で、俳優業に対応するため)された。 その代わりに、特に天候に焦点を当てたEyewitness Newsブランドのストレートなニュース番組が導入され、グレイと気象学者アンディ・パーカー(当時は市場トップのWGRZで競合するDaybreakの気象学者だった)が、他で数年過ごした後にWKBW-TVに復帰、既に在籍していた気象学者オータム・ルワンドウスキも貢献することになった。 Scripps社は、WKBW-TVの朝の番組を試験的に導入し、これが成功すれば、全米の他の局でもこの新しい形式を展開する予定だったのですが、その結果、WKBW-TVの朝の番組が、この形式を採用することになりました。 このフォーマットはあまり評判が良くなく、2015年9月21日から朝の番組はより標準的なニュース番組にフォーマット変更され、グレイの代わりに、ニュース歴12年のジョン・ボルサを当時のTime Warner Cable Newsからトレードでやってきたケイティ・モースが担当することになった。 夕方のニュース面では、ベテランアンカーのキース・ラドフォードがスクリプス買収に伴い契約延長となり、スポーツレポーターのジェフ・ルッソが共同キャスターに昇格した。

2014年9月27日、WKBW-TVは他のスクリプス局で使われている標準的な画像やグラフィックを採用し、7ニュース時代の最後の名残であるサークル7のロゴを、デトロイトの新しい姉妹局WXYZ-TVと同じ、かつてABCだったO&O独自バージョンに変えた。偶然にも、WXYZ-TVもWKBW-TV同様、所有権の制限に準拠すべく1986年の首都圏ABC合併でABCからスクリップスへ売却された局の一つである。 しかし、Eyewitness Newsというブランドは維持されている。 同局は当初、古典的な「Move Closer to Your World」のテーマをニュース番組のオープニングに取り入れ続けていたが、2016年にそれが完全に廃止され、Scrippsの「Inergy」のテーマに切り替わった。このテーマは(7 News時代の短い休止を除き)40年以上使われており、多くの西部ニューヨーカーや南部オンタリオの人々の間で長年テレビの定番になっていたため、視聴率の低下を招いた。

2015年初頭、WKBWはWestern New York Chevy Dealersと提携し、「7 First Alert Mobile Weather Lab」を導入しました。嵐の追跡用に設計された専用のSUVで、ダッシュカム、複数のレーダー源、ライブ放送用の内蔵気象ステーションを完備しています。 これにより、WKBWはバッファロー市場で最初で唯一の、独自のストームチェイサー車を所有・運営するテレビ局となった。

2015年12月、WKBW-TVで22年、最後の9年は2006年12月にスーザン・バンクスが引退した後、ラドフォードの共同アンカーとして長く務めたジョアナ・パセリは、アンカーデスクでラドフォードとルッソに加わったアシュリー・ロウに代わって共同アンカーとして就任することとなった。 この変更は、新しい視聴者を取り込み、3位のニュースキャスト全体の視聴率を上げることを期待して実施された。 しかし、この動きが裏目に出て、視聴者の多くがパセリの放出には年齢差別が関係していると考えたことや、国境や移民に関する議論が白熱する中でカナダ人のロウが複数の西ニューヨーク出身者を差し置いて選ばれたこともあり、さらなる視聴率の低下を招いた。

2016年8月、WKBWはライバルであるWIVBで長年主任気象予報士を務めていたドン・ポールを採用した。 また、スポーツレポーターのJoe Buscagliaをスポーツディレクターに昇格させ、ライバルに対抗して朝のニュース番組を1時間30分増やし、4時半から放送するようにした。 ポールともう一人のレポーター、アリ・トゥヘイの採用は、もともとスクリプス社が2016年初めに同局で立ち上げる予定だった週末の朝のニュース番組のための人員確保だったが、スクリプス社はニュース番組を延期し、最終的にはデビュー前に中止してしまった。 その結果、WKBWのFirst Alert気象チームの給与は8人の気象学者(2人のフリーランサーと主にオフエアのグラフィックアーティストDave Voganを含む)で、市場のどの局よりも圧倒的に多くなっていました。 予算の問題を理由に、WKBWは2018年12月に彼の2年間の契約が切れた後、ポールをリリースしました。

2017年4月、WKBWはScrippsグラフィックパッケージからインスピレーションを受けているブランドの新しいセットを受け取った。

2017年秋に、WKBWはローカル/ナショナルハイブリッドライフスタイルとソフトニュース誌「The Now」をワールドニューストゥナイトに続いてザリストに先立って午後7時の時間枠で放映を開始した。 当初は唯一の比較対象であるWIVBの午後6時30分のニュース番組WNLOを上回っていたが、数ヶ月後には視聴率が一気に崩れた

WKBW はシラキュース大学のS. I. Newhouse School of Public Communicationsと提携し、同校のジャーナリズムキャリアプログラムの一環として、同大学の初級卒業生を雇用している。 ほとんどが数年以内にスクリプス傘下の他局に移る

2019年8月6日、ゼネラルマネージャーのマイケル・ナース、および主要セールスマネージャー2人が解雇されたことが発表された。 詳細は明らかにされていないが、同局の視聴率低迷が続き、Scrippsが同局を新たな方向に向かわせることを望んだ結果、この変更が行われたと推測されている。 Nurseの後任にはMarc Jarominが採用された。 ジャロミンは、12月21日、土曜の夜に放送されたNFL NetworkのThursday Night Footballのビルズ対ライバル、ニューイングランド・ペイトリオッツ戦(そのシーズンのAFC東地区優勝が事実上決定した試合)のサイマル放送において、技術や編集に複数の誤りがあったとし、試合放送と試合前後の番組がNFLマーケット局の放送基準よりかなり低いとして担当スタッフを批判した。 2019年にパートタイムのスケジュールに縮小していたリードキャスターのキース・ラドフォードは、2020年末に引退する意向を表明したが、視聴者に宛てた私信の中で、2021年6月末に引退することを明らかにした。 2020年12月18日、長年AMバッファローの司会を務めてきたリンダ・ペレグリーノが、30年間にわたり朝の番組の司会を務めてきたが、引退した。 数カ月前にAM Buffaloに入社したメラニー・キャンプが、その3日後に司会を引き継ぎました。

注目の現オンエアスタッフEdit

  • Melanie Camp – AM Buffaloのホスト
  • Mike Randall (AMS and NWA Seals of Approval) – シニア気象学者、特集レポーター

注目の元スタッフEdit

  • Rick Azar – スポーツディレクター(1958~1989; 1958年にWKBWと契約し、28年間スポーツディレクターを務めた)
  • Stan Barron – スポーツディレクター(1958-1965);同局初のスポーツディレクター(当時はアザールが他の職務を担当)。 1965年にWBENに移籍、1984年没
  • Brenda Brenon – スポーツレポーター(1987-1994、NHL on NBC, NHL on ABC, ESPN National Hockey Nightにも出演、後にNESNで働く)
  • Liz Dribben – Dialing for Dollars共同ホスト(1964-1968年、Dialing for Dollarsは1986年)。 後にニューヨークのWNYCとWEVDに出演、2011年没)
  • Jim Gardner – アンカー(1974-1976、フィラデルフィアのWPVI-TVに移り、現在に至る)
  • Tracy Humphrey – 天気予報アンカー(1998-2000. 2003年から2007年までニューヨークのWNYWで週末天気、サンフランシスコのKPIX-TVの元朝・昼天気キャスター)
  • Tom Jolls – 天気予報士/コマンダートムショー司会(1965年から1991年までコマンダートムとして)、アナウンサー(1965年から1999年。 引退)
  • ジェフ・ケイ-アナウンサー(1965-1977、2012年没)
  • ジョン・マーフィー-スポーツディレクター(1989-2007年9月16日)、バッファロー・ビルズのラジオネットワークで兼務、現在に至る
  • ダニー・ニーバース-天気予報(1970年代。 ディスクジョッキーとして有名)
  • Dave Thomas – Dialing for Dollars/Rocketship 7のホスト(1960年代~1978年、WPVI-TVに「Dave Roberts」の別名で昇進、俳優David Boreanazの父親)
  • Clip Smith – Sports/weather anchor (1971年~1989年。 マーク・トンプソン – ロサンゼルスKTTVのチーフ気象予報士、フォックスのアナウンサー)
  • メアリー・トラバース – 「アクション7」の消費者レポーター(現在は「メアリー・トラバース・マーフィー」として知られている)、オーチャードパークの元町スーパーバイザー。 現在はニューヨーク州バッファローのファミリー・ジャスティス・センターのエグゼクティブ・ディレクター
  • アーヴ・ワインスタイン – 記者/キャスター(1964-1998、2017年没)
  • フランキー・ヤンコヴィック – 「ポルカタイム」のホスト(1962)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。