What You Need to Know About Material Change in Circumstances for Child Custody

Teddy bearを抱える少女夏休みや入学シーズンに向けて、多くの親が子供の親権の変更事由として重大な事情変更の検討を進めているようです。 また、”Levovitz Law “は、定期的に子供の親権の変更を求める原告と協力し、メリーランド州の状況の重要な変化のケースで豊富な経験を持っています。

Changes to Custody in Maryland

では、子供の親権の変更は状況の重要な変更なしで行うことは困難である。 あなたが状況の主要な重要な変更を立証することができる場合でも、あなたは変更が子供の最善の利益であることを証明することができない限り、ケースは拒否される可能性があります。 それは可能な限り最強のcase.

Insufficient Evidence

どのようなケースが成功したかを理解するために、それはケースが拒否されているものを調べることが有用です子供の親権変更プロセスの早い段階でLebovitz法のような法律事務所を伴うことが重要である。 2009年のGreen v. Green事件では、裁判所は、原告がリハビリにもかかわらず、治療やレクリエーションの利用に対してカジュアルな態度を示していた場合、親は薬物乱用リハビリプログラムを完了したことによる親権変更を自動的に受けることはできないと判断しました。

2005年のMcMahon v. Piazze事件でも、裁判所は状況の重要な変化の要件を満たすために、具体的かつ重大な変化が必要であると実証しています。 裁判所に提示された変化には、子供が年を取り、家庭で新しい人と交流することが含まれていました。 他の事例では、老化や教育レベルでは状況の重大な変化を証明するのに十分ではないことを立証し続けています。

Material Change in Circumstances

単一の不一致は親権の変更を保証しませんが、訪問権の妨害は保証します。 メリーランド州の複数のケースでは、面会交流を阻止しようとした結果、裁判所が修正を命じたのです。 2012年のケース、Gillespie v. Gillespieでは、親権を持つ親が元配偶者のパートナーに暴行を加えています。 自制心の欠如、特に他の重要な状況変化の証拠に照らして、裁判所は親権の変更を要求する親に有利な判断をさせた。 当社が支援した2018年のボルチモア市の子どもの親権事件では、裁判所は、州外への引っ越しは子どもにとって不利益であり、母親の引っ越しの動機は子どもの利益にはならないことを認めました。

Assisting in Child Custody Cases in Maryland

The successful custody modification found in the recent Lebovitz Law case shows that a skilled lawyer on your side makes all of difference in proving material change in circumstances.The Court is also determined that equal access is not possible if the mother moved out of state, so the original 50/50 physical custody schedule was upheld.The Court was supported in a 50% of half/50 physical custody schedule in MarylandAssisted in child custody cases in the Maryland

This said said said said said is a polite lawyer in your side… 私たちはあなたを支援することができます方法についての詳細を学ぶために、今日私達に連絡してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。