VOX, CEPR Policy Portal

Author’s note: このコラムは急遽、ストレスのかかる状況で執筆されたものです。 脱字や誤りがあったことをお詫びします。

Alberto Alesinaのように、我々の学問分野に巨大な影響を与えた経済学者はほとんどいない。 かなりの数の経済学者が偉大で重要な論文を書いています。 しかし、画期的な論文や分野を変えるような論文を書く人はごくわずかです。 そして、新しい分野を確立するのは、ほんの一握りである。 近代政治経済学の創始者であるアルベルトは、まさにそれを成し遂げたのである。

アルベルトの到達点は無限であった。 経済学に政治学、社会学、歴史学、さらには文化人類学などを組み合わせた真に学際的なアプローチをとり、彼は経済学をよりよいものに変えていった。 彼はまた、政治学にも大きな影響を与え、よりゲーム理論的なアプローチと健全な実証的研究の両方への道を開いた。 私たちだけでなく、多くの人にとっても、彼は自虐的なユーモアのセンスと素晴らしいウィットで、最も楽しい人の一人だったのです。 彼と一緒に仕事をすることは、知的刺激に富み、やりがいがあるだけでなく、楽しいことでもありました。

彼の研究

Political macroeconomics

1980年代、マクロ経済学者たちがマクロ経済の高度で精巧な動的パラダイムに取り組んでいたとき、アルベルトはある重要な気づきを得ました。 それは、「政治」、すなわち経済政策が実施されるプロセスが、これらの枠組みから抜け落ちているということであった。 その後、タベリーニ、ペルソンらとともに現代政治経済学の分野を確立し、多くの重要な貢献をしている。

アルベルトは、ハワード・ローゼンタール、アラン・ドラゼン、ロベルト・ペロッティ、グイド・タベリーニらと共同で、民主主義やその他の体制における政治サイクルの理論を構築し、選挙サイクル、予算サイクル、ビジネスサイクル間の相互関係を研究し、政治家や官僚のインセンティブを慎重に組み入れました。 また、政治的偏向におけるイデオロギーの役割について考え、「公共選択」のパラダイムを決定的に進歩させた(今日では明らかであるが、当時はまだ明確ではなかった)。 選挙プロセス、有権者の不均質性、政治家の動的なインセンティブについて考え、政府とその代理人を注意深くモデル化することで、この一連の研究は、経済政策について、イデオロギーを抑え、よりバランスが取れ、より現実的な見方を可能にした。 アルベルトは、その分析において、動的マクロ経済モデリングとゲーム理論のツールを使用し、政治学への導入を開始した。

この研究ラインにおける彼の最も有名な論文のひとつは、ラリー・サマーズとの共著で、中央銀行の独立性が高まればインフレ率が低下することを示したものです(Alesina and Summers 1993)。 インフレは、ミルトン・フリードマンが言ったように、必ずしも貨幣的な現象ではなく、一部のケインズ主義者が主張するように、財政的な現象でもないのでしょう。 それは、政治的な現象である可能性もある。 この著作は、中央銀行の独立性を求める動きに貢献した。

財政再建

アルベルトの最も話題に上る研究は、財政再建プログラムの経済への影響と緊縮財政の選挙への影響に関するものである。 2007年から2009年の危機の直前に書かれた論文で、アルベルトとシルヴィア・アルダーニャは、歳出削減に焦点を当てた財政再建プログラムは、増税に傾いたプログラムよりも成長面で「成功」することを示した。 この研究は、大不況とそれに続く英国やユーロ圏の緊縮財政の中で、影響力のある他の経済学者と議論を戦わせることになった。 歳出削減や減価償却を伴う緊縮財政が成功する可能性を示したことから、アルベルトを「保守的なタカ派」と呼ぶ人もいました。 しかし、これは彼のオープンマインドで創造的、かつリベラルな考え方(本当の意味でのリベラル)に対する不当な評価である。 しかし、この批判が彼を止めることはなかった。 その後、カルロ・ファヴェロとフランスコ・ジアヴァッツィとともに、彼は批判やコメントに正面から取り組み、データを拡充し、何十もの財政再建プログラムを俯瞰して、うまくいった部分とうまくいかなかった部分を浮き彫りにしている。 彼らの近著『緊縮財政』(Austerity: 9635>

不平等と開発

ダニ・ロドリックとの共同研究(Alesina and Rodrik 1994)において、アルベルトは不平等、政治、経済成長の間の相互連関について最初に考え、トルステン・パーションとグイド・タベリーニの同時期に発表した独自の研究結果に反響している。 タベリーニが正しく指摘しているように、これは彼が幼少期に経験した1970年代のイタリアを反映している。「イデオロギーと政治が激しく対立し、極端な偏向によってストライキの頻発、左翼のテロ、資本逃避が起こった時代」1であった。 アルベルトは自由市場の信奉者であるにもかかわらず、不平等の拡大と機会の減少を懸念していた。 これらは、彼の研究テーマとして繰り返し取り上げられることになる。 例えば、私たちは共同研究において、民族間の不平等(アレシナら2016b)、米国における世代間移動(アレシナら2018a)、アフリカ(アレシナら2020a)に注目することになるでしょう。

国家と政治経済

経済学者、政治学者、そして一般の人々は、国の存在、規模、構成を所与のものとして受け止めています。 しかし、アルベルトは、この主流に反して、国家の内生性を強調した。 彼の弟子であるロマン・ワクツィアルグやエンリコ・スポラオーレとの重要な研究において、彼は国家の創設、規模、能力において、国の規模、民族的言語的分断、公共財の提供から生じるトレードオフをモデル化した(Alesina and Spolaore 1997)。 古典派政治経済学からの洞察と現代的な理論ツールや実証分析を融合させ、様々な規模の国の開発に対する貿易の影響や、国の結束や公共財に対する分断の役割といった問題を研究した(Alesina and Spolaore 2005a)。 彼の研究によく見られるように、その洞察は単純だが強力なものであった。 大国は大きな国内市場と公共財の高い固定費を共有することで利益を得るが、民族・言語的な分断が進むと損失が生じる。 小国は、国際貿易から最も大きな利益を得る。 アルベルトとエンリコ・スポラオーレは、この重要な研究を要約し、拡張した本を書いた(Alesina and Spolaore 2005a)。 より最近の研究では、パオラ・ジュリアーノ、ブライノニー・ライヒ、アレッサンドロ・リボーニとともに、アルベルトは義務教育の拡大や対外戦争などの国家建設政策を探求し(Alesina et al. 2017a)、民主主義国と独裁主義国におけるその役割を注意深く区別している(Alesina et al. 2018b)。

その後の研究において、アルベルトはこの理論的アプローチを用いて、EUのような国際連合の構築に関わるトレードオフを理解した(Alesina et al.2005a)。 組合結成を検討している国は、政策や公共財の一元化から生じる利益と、調整や一律的な政策から生じる損失を考える必要がある。 彼のアプローチは、EUや他の国際機関が直面する中核的な問題である柔軟なルール、裁量的な政策、各国の類似性などを考えることを可能にする。 彼の2000年の論文「経済統合と政治的崩壊」(Alesina et al.2000)は予言的であり、今日でも大いに参考になる。 同様に、もう一人の学生であるRobert BarroとSilvana Tenreyroとともに行った最適通貨圏に関する彼の初期の研究(Alesina et al.2003a)は、古典的なMundellianの枠組みをはるかに超えて、今でも関連性を持っている。 多くの人がEUの費用対効果の経済計算をしている間、アルベルトは政治的リスク、中央集権化のメリット、社会政治的な脆弱性の可能性について考えていたのである。

一連の論文(Ed Glaeser, Bruce Sacerdote, George-Marios Angeletosらと共著)で、アルベルトは、再分配に対する選好(Alesina and Angeletos 2005)、福祉国家(Alesina et al.2001)、信頼、仕事-余暇パターン(Alesina et al.2005b )および税制に関する公正さの大西洋差に対する民族同質性および信頼の役割を研究した。 信頼、社会関係資本、市民的価値、あるいは福祉国家政策への影響に注目する経済学者はほとんどいなかったので、これは先駆的な研究であった。

Fractionalisation

グローバルな視点に立った基本的な研究として、アルベルトは分数化が制度、民主主義、紛争、公共財、開発に与える影響を探った。 この研究では、Elianna La Ferrara、Katia Zhuravskaya、Romain Wacziargなどの元学生や、Bill Easterlyなどの同僚と共同研究を行った。

彼のアプローチの典型であるように、彼はまずデータを掘り下げて、核となる経験的パターンを理解することに努めました。 このアジェンダの最初の貢献は、民族、言語、宗教の分断と分極に関する新しい国レベルの統計(Alesina et al.2003b)、国家の人為性の尺度(Alesina et al. 2011)、国境が直線的かくねくねしているか、異なる民族が住む地域を分けているかどうかに基づく国家の人工性の測定(Alesina and Zhuravskaya 2011)、空間にわたる民族や宗教集団の集積に基づく分離の指標(Alesina et al.2016)、言語のホームランドにわたる夜の光密度の衛星画像を用いた民族的不平等のプロキシ(Alesina et al.2016)などである。 何百人もの学者が、経済学だけでなく社会学や政治学の分野でも、新たに編集された統計を利用し、拡張し、さらに加工しているのである。

次に、彼はデータを解釈するために、直感的な考えを形式化した簡単なモデルを開発します。 このアプローチの優れた応用例として、Eliana La Ferraraとの論文(Alesina and La Ferrara 2000)、Reza BaqirとCaroline Hoxbyとの論文(Alesina et al.2004)などがある。 Philippe AghionとFrancecso Trebbiとの論文では、アルベルトは各国の制度的能力を内生化し、社会構成、少数派の規模、分断と結びつけている(Aghion et al.2004)。

第三に、アルベルトはこれらの分析を拡張し、他の分野や領域からアイデアを取り入れる。 例えば、Philippe AghionとFranceso Trebbiとの共同研究(Alesina et al.2008)では、民主主義国が参入を促進し、その結果、より先進的な部門の生産性上昇に不釣り合いにプラスの効果を与えることを示すだろう。 フランチェスコ・トレビとグイド・タベリーニとともに、アルベルトはこの研究ラインからの洞察と国際組合に関する彼の以前の研究を融合し、米国と対照的なEU諸国間の信念、信頼、価値観における不均質性の進化を研究した(Alesina et al.2017a)。 EUはかなり分断されているように見えるが、その違いのほとんどは、国間ではなく、国内である。 メディアやコメンテーターは、例えばイタリア人とドイツ人の間の信頼、価値観、態度の違いを強調するが、信念の最も顕著な異質性は、実際にはドイツ国内とイタリア国内である。 興味深いことに、アメリカはあまり変わっていません。州内の異質性が州をまたぐばらつきを凌駕しているのです。

文化経済学

アルベルトは、文化と経済に関する近代的な研究の創始者の一人であった。 何十年もの間、経済学は信頼、道徳的価値、信念、規範に関する問題を脇へ追いやっていた。 アルベルトは、彼の生まれ故郷であり愛するイタリアの北部と南部で、信念や価値観に大きな違いがあることに注目した。 彼は、文化がどのように形成され、どのように伝達され、どのように政治や経済に影響を与えるかを理解することが、専門職には必要だと固く信じていたのです。 パオラ・ジュリアーノ、ヤン・アルガン、ピエール・カフックらとともに、彼は制度、福祉国家、競争、政治的選好における家族の絆の役割を研究した(Alesina and Giuliano 2014)。 例えば、彼は強い家族の絆が合理的に労働市場の規制や制度を硬化させ、それが失業を増幅させ、賃金を低下させる可能性を示した(Alesina et al.2014)。 ニコラ・フックス・シュンデルンとの別の論文では、鉄のカーテンが崩壊した後、共産主義が個人の選好や価値にどのように影響するかを示した(Alesina and Fuchs-Schündeln 2007)。 魅力的な研究では、アルベルト、パオラ・ジュリアーノ、ネイサン・ナンが、産業革命以前の時代における農業用鋤の使用を、女性の役割や女子に対する男子の選好の違いに結びつけた(Alesina et al.2018c)。

事実と現実

過去数年間、私たちは、例えば世代間移動と移民について、現実と人々の認識の間のかなりの違いをマッピングし理解することを目的としたプロジェクトで一緒に働いていた。 一連の論文の中で、我々は新たに設計した数カ国の大規模調査を活用し、人々が再分配、社会移動、アメリカンドリーム(Alesina et al.2018d) 、移民(Alesina et al.2018e) についてどう考えているかを記録した。 また、これらすべての領域における誤認識が、政治的志向やイデオロギーとどのように相関しているのかを示した。 特に、アメリカ人は政策に対する見解が二極化しているだけでなく、「現実」、すなわち基本的な事実に対する認識においてさえも二極化している(Alesina et al.) 我々は、アメリカ人が「アメリカンドリーム」について楽観的すぎるのに対し、ヨーロッパ人は悲観的すぎること、そして世代間流動性が高いと考える人々はより少ない再分配を要求することを示した(Alesina et al.2018d)。 ヨーロッパとアメリカにわたる移民に関する人々の信念がいかに体系的に誤ったものであり、過度に否定的であるか、そして単に事実を提供するだけでは見解があまり変わらないことを探りました(Alesina et al. 2018e). 実験的には、移民について考えさせるだけでも再分配への支持が少なくなることを示し、多様性、移民、マイノリティに関する信念と選好の相互作用を捉えるシンプルな概念的枠組みを提供した(Alesina and Stantcheva 2020)<9635><7126>社会移動<7437><8813>アルベルトは辺境経済における社会移動についても研究していた。 Stelios MichalopoulosおよびSebastian Hohmannとの共同作業で、アフリカ諸国間およびアフリカ諸国内の世代間移動の新しい尺度を提供し、機会における広大な地域格差を明らかにし、地域の因果的影響をさらに実証している(Alesina et al.2020a)。 ここ数日、我々は、アフリカにおけるモビリティの形成における宗教とエスニシティの役割に関する関連論文を再吟味しているところである。 アルベルトは、中国における世代間移動の研究にも取り組んでいた(Alesina et al.2020c)。 彼の研究は、興味深い観察に再び基づいている。 文化大革命と大躍進によって所得格差がほとんどなくなったにもかかわらず、今日の所得がこれらの大胆な政策以前の家族の教育に関連していることから、中国では流動性に大きな持続性があることがわかった。 この研究は、このような極端なケースでも持続性があることを記録しており、魅力的であるだけでなく、中国における無視できない政策的含意を持つに違いない。

アルベルトは非常に多作で、まだまだ紹介しきれないほどです。 彼が取り上げたテーマの幅広さは、ベアトリス・ウェダー・ディ・マウロとの2002年の海外援助と腐敗に関する論文、エリアナ・ラ・フェラーラとの2014年の米国における死刑判決における人種的偏向に関する研究、あるいはミケーラ・カラナ、エリアナ・ラ・フェラーラ、パオロ・ピノッティとの最近のステレオタイプに関する研究(Alesina et al.2018f )に代表されます。

His leadership

NBER

Alberto is the founding director of the National Bureau of Economic Research’s Political Economy working group.アルベルトは、全米経済研究所の政治経済ワーキンググループの創設ディレクターであった。 驚くべき精力的なリーダーとして、彼はグループの幅と深さを広げるためにたゆまぬ努力を続けてきました。 当初、グループのメンバーはヨーロッパとラテンアメリカの研究者が中心であった。 時が経つにつれ、グループは大きくなり、会議で議論される質問も非常に多様になりました。これは、もっと学びたい、新しいテーマを探求したいというアルベルトのハングリー精神を反映したものです。 アルベルトは、NBERの国際的な広がりに大きく貢献した。 彼のおかげで、自由貿易圏から通貨統合へと発展しつつあったEU、ラテンアメリカ、アジア、アフリカまでもが論文に取り上げられるようになった。 驚くべきことに、アルベルトはこれらすべての大陸に関連する仕事をしてきたのである。

アルベルトはまた、NBERの目覚しい開校の力でもあった。 この分野では、これほど開放的なリーダーは望めなかったでしょう。 彼の信条は問題提起にありました。 それが興味深く、論争的で、斬新である限り、方法論は二の次であった。 実証的、応用的、理論的、構造的、あるいは記述的なものなど、あらゆる種類の論文を選んでいた。 メディア経済、ポピュリズム、認識と信念、アフリカの民族政治、アメリカ、アフリカ、アジアにおける歴史的発展、アメリカ、中国、ヨーロッパ、アフリカにおける世代間移動、統一成長理論、奴隷制度、銀行規制、オスマントルコ時代のエジプト統治、アメリカの先住民保護区、インドにおける文化と栄養、物語の役割など、そのテーマの幅も驚くほど広いのです。

発表中の彼の洞察は貴重で、しばしばジョークや笑いも交えていた。 イリヤナ・クジエムコは、彼が発表中に明確な質問しか許されないと力説し、その直後に「主催者特権」を使って「規則を破り」概念的な質問をしたことを懐かしく思い出している。

2010年、アルベルト・ビシンとパオラ・ジュリアーノが、文化、制度、開発の相互作用に関する研究を扱う「文化と制度の経済学」春季会合を政治経済学グループ内で始めるのをアルベルトが助けた(アルベルトの概要については、Alesina and Giuliano 2015を参照のこと)。

皮肉なことに、最近の会合で、彼は政治経済グループの初期の頃を思い出していた。 彼は、このネットワークがこれほど大きく成長し、専門職とそのメンバー全員に多大な貢献をしていることをいかに誇りに思っているかを論じて締めくくった。

チームプレーヤー

リーダーがインパクトのある変化を起こすには、人々を集め、チームを作り、ポジティブなことに建設的に焦点を当てる必要があります。 アルベルトはまさにそれを実行したのです。 多くの定評ある学者と仕事をするだけでなく、アルベルトは多くの素晴らしい若手経済学者と仕事をし、彼らを育てたのである。 彼が偉大な指導者であった理由は、若い共著者や共同研究者たちに彼らの興味を追求させることができたからです。 彼は常に何にでも興味を持ち、自分の知らないことを学ぶことに熱心でした。 また、自分の教え子たちの研究が、例えばマクロ経済学や開発論など、自分とは比較的かけ離れた分野へと発展していくことも、彼の誇りであった。 長年にわたって、ヨーロッパの多くの学校から何十人もの若い博士課程の学生をハーバード大学に招き、1年間または1学期を過ごしてもらい、コースやセミナーに参加してもらい、彼ではなく、彼らの課題を追及してもらった。

ボッコーニ、CEPR、そしてヨーロッパ

アルベルトはその職業人生のほとんどをハーバードで過ごした。 カーネギーメロン大学では2年間助教授を務めた。 しかし、彼はイタリアやヨーロッパと深いつながりを持ち続けていた。 彼は毎年何度もボッコーニ大学を訪れ、共著者、同僚、学生たちと共同研究を行っていた。 彼は、教えることと学生たちと交流することを最も楽しんでいた。 彼は、イタリアとヨーロッパの何百人もの学生たちに、研究の道や夢を追いかけるインスピレーションを与えてくれました。 ヨーロッパ各地のセミナーや学会で発表していると、若い博士課程の学生や助教授から、”共著者のアルベルトと話をして、私たちの論文について話したところ、x、y、zを提案されました “と言われることが何度もありました。 彼の死は、これから学ぼうとする若い研究者たちにとって、とてつもない痛手である。 私たちの職業に欠かせない励まし、知恵、助言、そして情熱の声を失ったのです。 専門家も若い学者も、彼の驚くべき労働倫理、重要な大きな問題への集中、経済学と政治・歴史・文化の融合、絶え間ない好奇心と学習意欲を見習うべきです」

Alberto AlesinaもCEPRで重要な役割を果たした。 1987年にCEPRリサーチフェローに任命されたのは、彼が助教授になった最初の年であった。 当時、CEPRのリサーチフェローはすべて終身雇用であったので、これは例外的なことであった。 リチャード・ポーツは、それを簡潔に表現している。 「彼が本当に例外的な存在であることは明らかであった-なぜ待つのか? アルベルトは、そのキャリアを通じてCEPRに大きく貢献した。 彼は、公的債務に関する重要な会議録論文を起草し、初期の欧州通貨統合に関する CEPR の活動や、国際マクロ経済学プログラムにおける政治経済学の研究において主要な人物であった。

彼は現実の経済問題と幅広い聴衆へのアプローチに情熱を傾けていた。 コリエレ・デラ・セラ』や『VoxEU』で40近いコラムを執筆し、イタリアやヨーロッパの経済政策論議に多大な貢献をした。 特に、2007年のVoxEUのコラム「なぜ左翼は自由主義を愛することを学ぶべきか」、「イタリアの経済否定状態」に関する予言、2006年の著書「欧州の未来」などがお気に入りである。 改革か衰退か』は、すべて彼の親しい友人であるフランチェスコ・ジアヴァッツィとの共著である。

ハーバード大学

アルベルトは2003年から2006年までハーバード大学経済学部の学部長を務め、広く尊敬を集めていた。 また、1999年から2004年まで、Quarterly Journal of Economicsの驚異的な、時間厳守の、そして公正な編集者でもありました。

The personal

Albertoは素晴らしい妻Susanを溺愛していた。 スーザンはアルベルトを深く尊敬していました。 彼女は、彼の勤勉さ、情熱、そして尽きることのない意欲について、私たちに話をしてくれました。 アルベルトはまた、母親と妹ともとても仲がよかった。 私たちの心は、彼らとともにあります。 アルベルトが多くの人にインスピレーションを与えてきたことを知り、彼らが少しでも安らぎを得られることを願っています。 スーザンとアルベルトは、クールマイユールの保養地を通じて、アラスカから日本まで、ハイキングやスキーなどの冒険的な旅をよくしていました。 アルベルトは、最高のアイデアは「ゲレンデ」や「スキーリフトの中」で思いつくと語っています。 また、「もしスキーに悪い天気なら、うちの新聞には良い天気だろう」と冗談を言った。

Stefanie: アルベルトが土曜日のハイキングに出かける前、私たちは「人種と再分配」に関する現在の共同論文のうち、新しい調査データを集めているものについてメールでやり取りしていました。 彼は最初の結果にとても興奮し、目もくらむような速さでメールを送り、月曜日に「もっと話そう」というメモを残してサインをしました。 私は月曜日が来ないことに心を痛めている。 しかし、私は長年、アルベルトの輝きと優しさを間近で見ることができた幸運に恵まれている。 私たちの共同作業は大切なものであり、私たちの豊かで刺激的な交流は、インスピレーションを与えてくれるものです。 アルベルト、あなたが私や世界のためにしてくれたことすべてに感謝します。

Elias: この数週間、私たちは “アフリカの社会移動” についてのプロジェクトに取り組んでいました。 先月、アフリカ諸国間の世代間移動に関する論文を再提出した直後、アルベルトはすぐに、教育移動における宗教と民族の所属の役割に関する私たちの付随する論文の再検討を開始しました。 彼の意欲は果てしないものでした。 私は多くの思い出を胸に刻んでいます。 彼の暗号のようなショートメールは、しばしば古代ギリシャ語で、ステリオスと私が知っていると思っていた(そして彼は知っていた)。 政治的な議論では、半分は私が「共産主義者」、彼は「新自由主義者」で、残りの半分は役割が逆転していました。 彼の冗談は、しばしば自分自身に関するものだった。 スペルチェックを忘れた最終稿を送った後の彼のメール。 会うたびに「ハリクリアはまだ結婚しているのか? 半分英語、半分イタリア語、半分古代ギリシャ語で議論した。 ある時、ステリオスと私は、論文のある部分について意見が対立した。 私たち二人は、彼の方を向く。 それで、あなたはどう思う? 彼の返事。 “あなた方両方が一理あります。 私はあなたの戦いを見て楽しんでいます さあ、論文を書こう!” 楽しいことはさておき、私はアルベルトから、彼の哀愁、協調性、やり抜く姿勢、ポジティブなことの強調、目標達成へのこだわり、そして果てしない好奇心を受け継ぐことにします。

ステファニーとエリアス: 世界にとって、アルベルト・アレジナは政策論争を向上させる熱心で多作なエコノミストでした。 経済学にとって、彼は政治経済学の巨人であり原動力であり、政治経済学は彼のリードのもとで重要な学際的分野へと成長しました。 私たちにとっては、聡明で、温かく、愉快で、親しい共著者であり、友人であった。 私たちは、彼がいなくなることをとても寂しく思います。

Aghion, P, A Alesina and F Trebbi (2004), “Endogenous Political Institutions”, The Quarterly Journal of Economics 119(2): 565-611.

Alesina, A, and G-M Angeletos (2005), “Fairness and Redistribution”, American Economic Review 95(4): 960-980.

Alesina, A and N Fuchs-Schündeln (2007), “Good-Bye Lenin (or Not?)”. 9635>

Alesina, A and F Giavazzi (2006), The Future of Europe: Reform or Decline, The MIT Press.

Alesina, A and P Giuliano (2014), “Family Ties”, in P Aghion and S N Durlauf (eds), Handbook of Economic Growth, North Holland.

Alesina, A, and P Giuliano (2015), “Culture and Institutions”, Journal of Economic Literature 53(4): 898-944.The University of Economics, Inc.

Alesina, A and E La Ferrara (2000), “Participation in Heterogeneous Communities”, The Quarterly Journal of Economics 115(3): 847-904.

Alesina, A and E La Ferrara (2014), “A Test of Racial Bias in Capital Sentencing”, American Economic Review 104(11): 3397-3433.この論文は、「人種偏見」、「社会的偏見」「経済的偏見」の3つの観点から、経済的偏見と社会的偏見の関係を考察した。

Alesina, A and D Rodrik (1994), “Distributive Politics and Economic Growth”, The Quarterly Journal of Economics 109(2): 465-490.

Alesina, A and E Spolaore (1997), “On the Number and Size of Nations”, The Quarterly Journal of Economics 112(47): 1027-1056.

Alesina, A and E Spolaore (2005a), “War, peace, and the size of countries”, Journal of Public Economics 89: 1333-1354.

Alesina, A and E Spolaore (2005b), The Size of Nations, MIT Press.

Alesina, A and S Stantcheva (2020), “Immigration and assimilation”: Diversity, Immigration, and Redistribution”, AEA Papers and Proceedings 110: 329-334.9635>

Alesina,A,およびL Summers (1993), “Central Bank Independence and Macroeconomic Performance: また、このような状況下において、「庶民の暮らしはどうなっているのか」という問いに対して、「庶民の暮らしはどうなっているのか」という問いに対して、「庶民の暮らしはどうなっているのか」という問いに対して、「庶民の暮らしはどうなっているのか」という問いに対して、「庶民の暮らしはどうなっているのか」という問いに対して、「庶民の暮らしはどうなっているのか」、「庶民の暮らしはどうなっているのか」、「庶民の暮らしはどうなっているのか」という問いに対して、「庶民の暮らしはどうなっているのか」、という答えで、庶民派的な答えで答え、庶民派的じゃない答えで答え、庶民派じゃない答えで答え、庶民派ではないという答えで答え、庶民派ではないという答えで答え、庶民派ではないという答えで答えました。 Alesina, A, E Spolaore and R Wacziarg (2000), “Economic Integration and Political Disintegration”.

Alesina, A, E Glaeser and B Sacerdote (2001), “Why Doesn’t the US Have a European-Style Welfare System?「

Alesina, A, R J Barro and S Tenreyro (2003a), “Optimal Currency Areas”, NBER Macroeconomics Annual 2002, Volume 17.日本経済新聞社(2002), pp.

Alesina, A, A Devleeschauwer, W Easterly, S Kurlat, and R Wacziarg (2003b), “Fractionalization”, Journal of Economic Growth 8: 155-94.

Alesina, A, R Baqir and C Hoxby (2004), “Political Jurisdictions in Heterogeneous Communities,” Journal of Political Economy 112(2): 348-396.

Aesina, A, A Devleschauwer, W Eatry, S Kurlat, and R Wacziarg (2004), “Political Jurisdictions in the Heterogeneous Community”, Journal of Economic Growth 112(2): 349-94.

Alesina, A, I Angeloni, and F Etro (2005a), “International Unions”, American Economic Review 95(3): 602-615.

Alesina, A, E Glaeser and B Sacerdote (2005b), “Work and leisure in the U.S. and Europe.”:

Alesina, A, P Aghion, F Trebbi, and E Helpman (2008), “Democracy, Technology and Growth”, in Institutions and Economic Performance, Harvard University Press, pp.511-543.

Alesina, A, W Easterly and J Matuszeski (2011), “Artificial states”, Journal of the European Economic Association 9(2): 246-277.

Alesina, A, Y Algan, P Cahuc and P Giuliano (2014), “Family Values and the Regulation of Labor”.「労働規制と家族価値」.

Alesina, A, S Michalopoulos, and E Papaioannou (2016a), “Ethnic Inequality,” Journal of Political Economy 124(2): 428-488.The World of the Year of the Year of the Year of the Year of the Year of the Year of the Year of the Year of the Year,” Journal of Political Economy 124(2): 428-488.

Alesina, A, S Michalopoulos, and E Papaioannou (2016b), “Ethnic Inequality,” Journal of Political Economy 124(2): 428-488.

Alesina, A, B Reich and A Roboni (2017a), “Nation-Building, Nationalism, and Wars”(2017 年).

Alesina, A, G Tabellini, and F Trebbi (2017b) “Is Europe an Optimal Political Area?”.

Alesina, A, S Stantcheva, and E Teso (2018a), “Intergenerational Mobility and Preferences for Redistribution”, American Economic Review 108(2): 521-54.日本経済新聞社(1998), pp.

Alesina, A, P Giuliano and B Reich (2018b), “Nation-Building and Education”.

Alesina A, P Giuliano and Nunn (2018c), “Traditional agricultural practices and the sex ratio today”, PLoS ONE 13(1).The Nunn (2018b)「伝統的な農業習慣と今日の性比」, PLoS ONE 13(1).

Alesina, A, S Stantcheva, and E Teso (2018d), “Intergenerational Mobility and Preferences for Redistribution”, American Economic Review 108(2): 521-554.

Alesina, A, A Miano and S Stantcheva (2018e), “Immigration and Redistribution”, NBER Working Paper 24733.この論文は、Alesina、A、S Stantcheva, E Teso (2018d) が執筆した。

Alesina, A, M Carlana, E La Ferrara and P Pinotti (2018f), “Revealing Stereotypes: Evidence from Immigrants in Schools」

Alesina, A, Carlo Favero, and F Giavazzi (2019), Austerity: When It Works and When It Doesn’t, Princeton University Press.

Alesina, A, S Hohmann, S Michalopoulos and E Papaioannou (2020a), “Intergenerational Mobility in Africa”.

Alesina, A, A Miano and S Stantcheva (2020b), “The Polarization of Reality”, AEA Papers and Proceedings 110: 324-328

Alesina, A, M Seror, D Y Yang, Y You and W Zeng (2020c), “Persistence through Revolutions”.9635>

Endnotes

1 https://promarket.org/2020/05/25/how-political-conflict-shapes-macroeconomics-alberto-alesinas-intellectual-legacy/

の項参照。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。