Use of alcohol as a sleep aid, unhealthy drinking behaviors, and sleeping pill use among women veterans

Objectives: 不眠症や心的外傷後ストレス障害(PTSD)による睡眠障害などの睡眠に関する訴えは,退役軍人の女性では非退役軍人の女性よりも多くみられるという。 一部の女性におけるアルコールの使用は,睡眠を改善したいという欲求が部分的に動機となっている可能性がある。 この研究では、退役軍人の女性における睡眠補助としてのアルコール使用率を評価し、睡眠補助のためのアルコール使用と飲酒頻度および睡眠薬使用との関係を探りました。

デザインと設定。 睡眠とその他の症状に関する全国横断的な人口ベースの郵送調査。

参加者。 郵便調査に協力した女性退役軍人VA使用者の無作為抽出サンプル(N = 1533)。

介入。 なし。

測定法。 調査には、人口統計学、不眠重症度指数、Primary Care PTSD screen、過去1か月間のアルコール使用頻度(日/週)、処方薬または市販の睡眠薬の使用、睡眠補助薬としてのアルコール使用に関する項目(各項目についてはい/いいえ)が含まれていた。

結果 合計14.3%の回答者が睡眠を補助するためにアルコールを使用することを支持した。 ロジスティック回帰モデルでは,より重度の不眠症(オッズ比=1.03,95%信頼区間:1.01-1.06)およびPTSD(OR=2.11,95%CI:1.49-2.97)は,睡眠を助けるためにアルコールを使用する確率の増加と関連することが明らかにされた。 睡眠を助けるためのアルコール使用は、毎日の飲酒(OR = 8.46; 95% CI: 4.00-17.87) および処方(OR = 1.79; 95% CI: 1.34-2.38) と市販の睡眠補助剤の使用(OR = 1.54; 95% CI: 1.12-2.11)のオッズ増加と関連した。

結論 不眠症とPTSDは,睡眠補助薬としてアルコールを使用するリスクを高め,それが不健康な飲酒やアルコールと睡眠薬の混用リスクを高める可能性がある。 知見は,不眠症の文脈におけるアルコール使用のスクリーニングと,不眠症の女性退役軍人に対する不眠症の認知行動療法の提供の必要性を強調するものであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。