Tips on how to safely view Westminster's rare Snowy Owl

Christmas brings the Arctic to Colorado than just snow — it brought a Snowy Owl.

Birders and photographers packed northern side of Standley Lake, trying to snap photos of a rare owl.The Christmas of the Year.

After we posted this story on Wednesday, some readers said we shouldn’t include the specific location of the owl because too many people hoping to get a glimpse could endanger the bird.

Loading …

Thursday, 9NEWS followed up with Colorado Parks and Wildlife as well as a raptor expert.

Thursday…

This posted the story of the collosophilizer. このような動物の目撃談を直接楽しむのはOKだが、注意すべき点がいくつかあるというのが両者の意見だ。

数百フィート後ろに下がってみてほしい。

あなたが携帯電話のカメラで良いショットを取得するのに十分近いか、動物があなたに気づいた場合、それはおそらくtoo close.Youです。

また、一眼レフレンズや双眼鏡を使用することをお勧めします。

Birders say the Westminster in Snowy Owl was first spotted on December 21. 彼らは、今年は北極のフクロウの個体数が通常よりも高く、食物競合につながる爆発として知られていると言う。

They say the older owls take precedence, pushing the young ones south to find food.

Rick Nelson is a wildlife photographer from Loveland.This year is a explosion, where the owl populations in the Arctic is higher than normal, leading to food competition. 彼は7年前に野生動物の写真を始めて以来、いつもスノーウィー・オウルを見たいと思っていたと言います。 それが彼をウェストミンスターまでの50マイルの旅に駆り立てました。

「彼女はゴージャスな鳥です。 そして、私はまだこの後12時間のシフトを持っています。」

Birders say currently there are three Snowy Owls that have been spotted across the state of Colorado.

The Rocky Mountain Raptor Program says Snowy Owls are not used to an urban environment so people close-by makes life harder.

The birds have to expend more energy to evade humans, whom they see as potential enemies.The Robert Robert Visionは「Snowy Owlsは都市環境に慣れていないので、人が近くにいると生活が難しくなる」と述べています。

それは長い移動の後、フクロウにとって困難なことです。特に、彼らが暖かく過ごすために必要なカロリーを持っていない場合。

コロラド公園と野生動物は、フクロウや他の野生動物が人に慣れてしまうと、彼らとあなたを危険にさらす可能性があり、自然の恐怖を失うと言います。

The Colorado Parks and Wildlife offers a following tips and advice for more rewarding, safe, and responsible wildlife viewing. [詳細].

Loading …
  • 野生動物が最も活動的な朝か夕方に出かける時間を決めましょう。
  • グレー、カーキ、オリーブグリーンなどのアースカラーの服を着る。 周囲の環境に溶け込むことで、動物たちもあなたをよく見てくれるようになります。
  • 動物と人間両方の安全と快適さのために、距離を保つ。 動物が行動を変えたり、食べるのをやめたり、あなたの存在に神経質になっているようであれば、それは手を引くべき時です。
  • 静かに、じっとしている。騒音や素早い動きは、野生動物にとって「危険」を意味します。 彼らは逃げたり飛んだりするかもしれませんし、時には巣や子供を無防備に残していくかもしれません。 決して追いかけたり、嫌がらせをしたりしないようにしましょう。
  • 風景の端(例えば、森と草地の境目)を見る。多くの野生生物が生息地の端に沿って過ごすからです。 動きが一番の手がかりになる。 また、動物の頭、尾、耳、翼、角などの部分を探す。
  • 双眼鏡、スポッティングスコープ、または望遠レンズを使用して、クローズアップして見てください。
  • 車をビューイングブラインドとして使用し、道路から安全に引き離す。 同じ動物を観察している他の人を尊重する。
  • 予期せぬ行動や攻撃的な行動をとる動物を避ける。彼らは病気や怪我をしていたり、近くに子供がいたりする可能性がある。
  • ペットは家に置いていきましょう。ペットは野生動物ウォッチングの妨げになります。 野生動物を追いかけたり、傷つけたり、殺したり、怪我をしたり、殺されたりします。
  • 野生動物に餌を与えない.野生動物と人間にとって有害な方法で彼らの行動を変えることができます。 裏庭の」鳥に餌をやるのは控えましょう。
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。