The Lion’s Tale

Should Jews celebrate Halloween?

Adam Drexler, Reporter|October 31, 2019

Within the Jewish Community, there are many different belief about celebrating Halloween…ユダヤ人コミュニティの中では、ハロウィンを祝うことについて様々な考えがあるようです。 ハロウィンは古代の異教徒の伝統に由来するため、かなりの数のアメリカのユダヤ人がハロウィンを祝わないことを選択しています。 しかし、私は、アメリカのユダヤ人はハロウィーンを祝うことができるはずだと信じています。

もともと、ハロウィンは異教徒のお祭りでした。 この日、悪魔が現れ、死者の魂が家を再訪すると信じられていました。

中世初期にローマ・カトリック教会が「諸聖人の日」を制定し、異教徒の祭りと同じ日に行うようになり、教会がキリスト教化しようとしたことを反映しています。 このため、多くのユダヤ人は、これらの習慣に参加しないことが宗教的な義務であると考え、ハロウィンを祝わないことを選択しています。

理論的には、私はこの考え方に賛成です。 しかし、ハロウィンは時代とともに変化してきました。 かつてはもっぱら宗教的な祝日でしたが、現在ハロウィンを祝う人の大多数は、宗教的な動機で参加しているわけではありません。 一般的に、ハロウィンはもはや宗教的な観点からは見られず、単に仮装して友人たちと近所を走り回ってお菓子を集める口実となっているのです。

ハロウィンを祝う動機が変化しているため、ユダヤ人はもはや祝いから切り離すべきではありません。 ハロウィンを祝うことはもはや宗教的な習慣ではないので、ユダヤ人はトリック・オア・トリートをすることによってハラハに違反することはない。

私たちの生活のあらゆる面において、ハラハは私たちを正しい方向に導いてくれる存在です。 しかし、もし私たちがハラハに盲従するならば、論理的に必要のない制限を私たちの生活に受け入れることになります。 私たちは、ハラハを理解し、それを自分の人生に最大限に適用すべきである。

端的に言えば、ユダヤ人はハロウィンを祝うことができるはずです。 現代社会では、ハロウィンは宗教と切り離されています。子供たちがキャンディーを集めたり、友達といたずらしたりする楽しい夜なのです。 ユダヤ人の子供たちも他の子供たちと同じように機会を与えられるべきなのに、なぜ必要のないところで分裂を生み出すのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。