The heat is on: how common outdoor surfaces can get hot in the summer sun

LOUISVILLE, Ky. – 夏の暑さがやってきました。 気象学者は、夏の過剰な熱への曝露の危険性について頻繁に議論しています。 空気の温度は高温になり得ますが、物理的な表面はさらに高温になり得ます。 しかし、その表面の素材が大きな役割を果たします。

赤外線温度計を使い、私は外に出て、ケンタッキー州の7月の太陽の下で、物事がどれほど熱くなるかを見てきました。 以下の写真は、2020年7月5日の午後2時の間に撮影したもので、気温はおよそ91°F~92°Fでした。 可能な限り、物体の温度は日陰で撮影し、次に直射日光の下で撮影しました。 両者の間には大きな差がある! 写真に表示されている大きな数字は、レーザーが照射された特定のスポットの温度ですが、その下にはスキャンした距離の平均を表す小さな数字があります。

Loading …

まず写真を見ていき、次になぜある物体が他のものより高温なのかという科学やその他の重要な熱情報へと飛び込んでいきます。 草は一般にあまり極端な温度では暖まりませんが、それでもかなり暖かくなることがあります。 木陰では、草の平均温度は約 78°F であることがわかりました。 これは、1日の大半を太陽の下で過ごした草の平均気温が約95°Fであることと比べると、はるかに涼しいことがわかります。

WHAS

Credit: WHAS
Temperature of grass in shade versus direct sunlight.

コンクリートやアスファルトなどの素材は熱容量が大きく、より高温まで温まりその熱がゆっくり放出されることがあります(詳細は後で説明します。 私はまず、完全に日陰になり、直射日光が当たらないコンクリートの温度を測定してみました。 その結果、平均温度は80度弱で、日陰の芝生よりも2度ほど暖かいことが分かりました。 しかし、ほぼ一日中太陽の下に置かれていたコンクリートは、135°と55°も高くなっていました

WHAS

Credit: WHAS
Temperature of concrete in shade versus direct sunlight.

コンクリートの後、私はいくつかのアスファルトを見て回りました。 アスファルトは、年代にもよりますが、黒いので、どの色よりも最もエネルギーを吸収し、見つかった物質の中で最も暖かいはずです。 私が測定したアスファルトの平均温度は145度でした。 同じ時間、太陽の下に置かれていたすぐ隣のコンクリートの縁石は、平均温度123°と20°強低くなっていました。 これは、素材の組成や色によって、温かさが大きく変わることを証明していますね。 舗装されたばかりのアスファルトの駐車場の真ん中に立つと、古いコンクリートの駐車場に立つのと比べて、かなり暑く感じることでしょう。

WHAS

Credit: WHAS
Temperature of asphalt versus adjacent concrete in direct sunlight.

最後に、自分の車という炉の中で、どれだけ熱いか確かめてみました。 私の車のダッシュボードは黒いので、内部の温度は明るい内装の車より格別に高いはずです。 車内は危険なほど高温になり、数分後にはすでに額に汗をかいていた。 なお、私のクルマは一日中日当たりに置かれていたが、フロントガラスの中央からではなく、片側から直射日光を受けていた。

ダッシュボードを何度か測定してみると、平均温度は約195°で、他の場所では200°近くを記録していました! (大きな数字は、レーザーが照射された特定の場所の温度であることを思い出してください) ダッシュボードと一緒に、金属製のシートベルトの温度も記録してみました。 ここでも、直射日光の当たる場所でなければ、もっと高温になっていたはずです。

WHAS

Credit: WHAS
Temperature of car dashboard compared to metal seat buckle.

<2440>なぜ外のものは他より熱いのか?

Loading …

It’s also not fun for your pets. あなたの犬が歩くには地面が熱すぎる可能性があるかどうかを判断する簡単なトリックがあります。あなたが少なくとも5秒間歩道(または他の表面)に手の甲(手のひらではない)を置くことができない場合、それは犬には熱すぎると彼らのパッドが深刻な火傷になる可能性があります。 できれば芝生の上を歩かせたり、涼しくなる日の後半まで待ったり、犬用の小さなブーツを履いてみたり(頑張って)。

WHAS

Credit: WHAS

車はエアコンのない猛暑で最も危険な場所で、残念ながら毎年数人が-多くの場合は子供-熱い車の中で死亡している。 2018年は、残念ながら、車内で死亡した子どもの数が53人と、過去最も多い年でした。 車内は、外気温度95度で60分後には140度を超える高温になります。 冬場のドライブと同様、猛暑での故障に備えたキットを車内に用意しておくのは悪いことではありません。 水分を十分に補給することが大切です!

WHAS

Credit: WHAS

夏の太陽を楽しみましょう、でも水分補給と無理をしないように!

Meteorologist Alden German
Facebook: Facebook.com/AldenGermanWX|Twitter: WXAlden

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。