Samsung

サムスンのサーバーは、あなたのサムスンのデバイスのCSCコードをチェックし、それが使用されているジオロケーションと一致させることができます。 この両方が一致した場合、デバイスにOTAアップデートを送信します。 例えば、お使いのサムスン電子のCSCコードがINS(インド)である場合、それをイギリスやドイツに持って行って使用すると、サムスンからの公式ソフトウェアアップデートを受け取れない可能性があります。 繰り返しになりますが、Samsung Galaxy携帯電話のファームウェアのCSCには、それが作られた国/地域のコードネームが含まれています。 これを変更することで、サムスンのサーバーに、お使いの携帯電話が実際には別の国または地域のものであることを伝え、公式アップデートを受け取ることができます。 同様に、他の国向けのファームウェアをお使いの端末でフラッシュした場合、適切なファームウェアをインストールしない限り、今後のアップデートを取得することはできません。 例えば、私はインドではまだAndroid Pieが提供されていないため、Android Pieを試すためだけに、インドのGalaxy S9+にOXM CSCを搭載したファームウェアをフラッシュしたことがあります。 OXMはMulti-CSCまたはOmni CSCなので、合計86種類のCSCから選ぶことができます スマホのCSCを変えるという発想はここに落とし込まれているのです。 このように、異なる地域のファームウェアをインストールし、ちょっとしたコツでスマホのCSCを変更すれば、すべてがうまくいくのです<2455>。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。