Pedestrian Accident Lawyers

Pedestrian Accident Attorneys in Glendale CA

グレンデールを含むロサンゼルス郡は、統計的に最も歩行者が死亡する場所の一つである。 そのため、このような事故が起きないようにするため、「ビジョン・ゼロ」と呼ばれる野心的なプログラムを立ち上げました。 残念ながら、こうした取り組みだけでは、ロサンゼルスで毎日平均10件以上の歩行者事故が起きているという現実に立ち向かうには十分ではありません。 この話はあまりにも頻繁に起こります – しかし、あなたはそれに対してできることがあります。 たとえ運転手が逃げたとしても、あなたは補償を求めて戦うことができます。 経験豊富な弁護士があなたの最善の利益を積極的に擁護することなく、一人で大きな保険会社に立ち向かわないでください。 保険会社の仕事は、クレームがあったときに、支払いや義務を最小限に抑えることです。 その一方で、保険会社(およびあなたに衝撃を与えたドライバー)の責任を追及し、あなたの経済的負担を軽減するのが、私たちグレンデール歩行者傷害弁護士の仕事なのです。 このような状況下において、「痒いところに手が届く」、「痒いところに手が届く」、「痒いところに手が届く」、「痒いところに手が届く」、「痒いところに手が届く」、「痒いところに手が届く」、「痒いところに手が届く」、「痒いところに手が届く」、「痒いところに手が届く」、「痒いところに手が届く」、「痒いところに手が届く」、「痒いところに手が届く」、痒いところに手が届く。 犬の散歩、買い物、近所の家への通り抜け、子供の通学などです。

一週間のうち、歩行者にならないことはほぼ不可能です。 これこそ、歩行者の安全が重要な問題である理由です。 歩行者は、動いている車と比較した場合、特に脆弱です。5,000ポンドのトラックはおろか、3,000ポンドの車に対しても、文字通りゼロの防御力しかありません。 歩行者事故の被害者は、骨折や脊髄損傷から外傷性脳損傷、さらには死亡に至るまで、深刻な怪我を負う可能性があります。 歩行者事故の被害者は、しばしば長期にわたる怪我や障害を負い、一生耐えなければならないこともあります。 歩行者事故の怪我の治療に必要な医療費は、しばしば多額になります。 事故とその結果生じた傷害の責任者から補償を確保することは、肉体的にも経済的にも完全に回復するためにしばしば必要です。

歩行者事故訴訟とは何ですか?

歩行者の死亡事故は現在、すべての交通関連死亡事故の中で最も高い割合を占めています。 道路、標識、地元の法律などの改善はすべて歩行者の安全を高めるために重要ですが、法制度は被害者に十分な補償を行うことができる優れた手段なのです。 たとえば、横断歩道で車にはねられた歩行者は、事故の結果として被った傷害のために支払うために、車の運転手に対して訴訟を起こす必要があるかもしれません。

歩行者事故の訴訟は、古典的な人身事故のケースです。 ほとんどの場合、ケースは彼らの怪我のためのお金の損害賠償を求めて負傷した歩行者を伴います。 負傷者は、したがって、車両のドライバに過失があったことを証明する必要があります。 あなたが歩行者事故の被害者であった場合、あなたは私が有効な訴訟を持っているかどうか私はどのように知っている、不思議に思うかもしれませんか?

  • あなたは事故の結果負傷し、
  • あなたは事故のために少なくとも部分的に落ち度がなかった

歩行者と車の事故を評価するとき、誰が悪いかだけではなく、各当事者の責任の程度(すなわち、いくつかの歩行者の事故例では運転者と歩行者の両方に一部過失あり得る)を決定することが重要である。 カリフォルニア州には歩行者を保護する複数の道路交通法があり、運転者の事故責任を証明するのに役立ちます。 例えば、カリフォルニア州法は、「車両の運転者は、標識のある横断歩道内または交差点の標識のない横断歩道内で車道を横断する歩行者に道を譲ること」を義務付けています。

したがって、歩行者が「歩くな」という標識があるときに横断歩道を歩き、その時点で歩道を走る権利がある自動車にはねられれば、技術的には歩行者に責任がある場合があります。 しかし、過失の程度を総合的に判断する際には、多くの要素を考慮しなければなりません。 また、このような場合にも、「ディアボロス」は、「ディアボロス」を「ディアボロス」と呼び、「ディアボロス」を「ディアボロス」と呼び、「ディアボロス」を「ディアボロス」と呼びます。 あなたは、歩行者事故に巻き込まれ、障害の大部分が実際に運転手に落ちることを認識していない可能性があります。 このような場合は、”li “の “li “の “li “の “li “の “li “の “li “の部分的な “li “の部分的な “li “の部分的な “li “の部分的な “li “の部分的な “部分的な “部分的な “部分的な””部分的な””部分的に””部分的には”、となることができるようになります,

  • 。 これは、カリフォルニア州が「比較過失」州に分類されているためです。 カリフォルニア州の「比較過失」法は「比較過失」とも呼ばれ、負傷者が事故の責任を部分的に負っている場合でも補償を得ることができます。 例えば、歩行者に30%の過失がある場合でも、損害の70%をドライバーに請求することができます。

    このようなシナリオは、特にドライバーの過失による深刻な歩行者事故を受けた後、複雑で負担に聞こえるかもしれませんが、Dordulian Law Groupの経験豊富な歩行者事故弁護士団が請求プロセスを簡素化するお手伝いをします。

    歩行者事故の第三者責任

    歩行者事故の主な原因は過失運転手であることは事実ですが、時には第三者に責任があることもあります。 歩行者の負傷に対して金銭的責任を負う可能性のある第三者の例としては、

    • 道路の欠陥に責任を負う公的機関
    • 欠陥製品(例…)のための自動車製造業者。
    • 運転手の注意をそらす同乗者
    • 無能だと知っている(あるいは知っているはずの)運転手に過失で車を預けた車の所有者
    • 「危険」と思われる人物が運転してはいけないと、どんな合理的な人間でも結論づけるのに、故意にその人に運転を許可した車の所有者(i.Dordulian Law Group (“DLG”) には、歩行者事故訴訟を専門とする、経験豊富で熱心な歩道事故弁護士と横断歩道事故弁護士がいます。 歩行者事故のクレームには、元ロス市警の30年のベテランである主任調査官モーゼス・カスティーヨ刑事を配置するなど、すべてのケースを徹底的に調査しています。 カスティーヨのようなベテランの調査官があなたのケースを担当することは、DLGの利点の一つであり、すべての責任者を特定し、責任を追及するのに重要な要素です。

      歩行者事故の統計

      悲劇的なことに、歩行者事故はしばしば死亡につながることがあります。 米国高速道路交通安全局(NHTSA)は、交通事故による歩行者の死亡者数が3%以上増加したと報告しています。 この増加により、死亡者数は6,238人となった。 この数字は、1990年以降に発生した年間歩行者死亡者数の最多を表しています

      2018年、NHTSAは、ほとんどの歩行者の交通事故死が都市環境(79%)、または交差点(25%)に対してオープンロード(74%)、および夜間(76%)で発生していると報告しています。 さらに、歩行者の死亡のほとんどは土曜日に発生し(1,031人)、その大半は夜間に発生している(837人)。 また、NHTSAの報告によると、歩行者の死亡事故は午後6時から午後8時59分の間に最も多く発生しています

      歩行者は、2009年の12%に対し、2019年には交通事故死者全体の17%を占めると予測されます。 歩行者の死亡者数は過去数年間で大幅に増加していますが、他のすべての種類の交通関連死亡者数はわずか2%の増加にとどまっています。 これは、我が国の道路、道、歩道が、歩行者にとってこれまで以上に危険であるというシナリオにつながります。

      2017年には、米国で交通事故により5,977人の歩行者が死亡し、これは約88分に1人が死亡していることになります。 また、2017年には、推定137,000人の歩行者が、致命的ではない衝突関連の怪我で救急診療部で治療を受けました。

      Sidewalk Injury Statistics

      Sidewalk Injury Statistics
      残念ながら、歩道を歩いていても歩行者が必ずしも守られないというわけではありません。 ドライバーはしばしば道路から逸脱し、重大な怪我につながる事故を引き起こします。 例えば、2017年、歩行者事故の死亡事故の9%は、道端/肩、駐車レーン/ゾーン、自転車レーン、歩道、中央分離帯/横断島、車道アクセス、共有使用パス/トレイル、非交通路エリア、その他頻繁に訪れる場所などで発生しています

      California Pedestrian Accidents

      歩行者事故は残念ながら他州よりもカリフォルニア州で頻繁に発生している事故です。 2018年上半期の歩行者の推定死亡者数は、ニューハンプシャー州のわずか1人からカリフォルニア州の432人に及んでいます。 カリフォルニア州、アリゾナ州、フロリダ州、ジョージア州、テキサス州、50州のうちのわずか5州で2018年の歩行者死亡事故全体の約半数を占めました。 カリフォルニア州は人口10万人あたり1.09人の歩行者死亡事故を報告しています。

      社会経済的状況(主に貧困レベル)は、歩行者事故の一因であると思われます。 カリフォルニア州の研究によると、歩行者事故は貧困地域の4倍の頻度で発生しています。

      No Recovery, No Fee
      $100+ Million Recovered
      Former Deputy DA

      How Moss Compensation Can I Get in a Pedestrian Accident Lawsuit?

      歩行者事故の原告候補に、歩行者の平均的な和解額、あるいは車に轢かれた場合の平均的な補償額を伝えるのは難しいかもしれません。 というのも、傷害の示談は機密事項であることが多いため、情報が公開されていないことが多いからです。

      しかし、私たちは常にケースバイケースで示談金の推定をするように心がけています。 過失の程度、負傷の深刻さ、第三者の責任など、考慮すべき複数の変数があります。

      Seriousness of Pedestrian Injury

      上記で示したように、自動車は毎年何千人もの歩行者を死亡させています。 これらの事故で負傷するドライバーもいますが、歩行者の場合、深刻な、しばしば生命を脅かす負傷を経験する可能性が著しく高くなります。 車両と人間の大きさの差を考えると、歩行者はほとんどの場合、運転者よりもはるかに大きな怪我を負います。 和解金を計算するとき、アジャスターは、負傷した歩行者が支払わなければならなかった医療費、将来の治療費、負傷の結果歩行者が耐えた(そしてこれからも耐える)痛みと苦しみの量を考慮します。

      Fault of Driver Versus Pedestrian

      blank

      特にカリフォルニアの通行権法から、ほとんどの場合歩行者の事故の責任は主に運転手にあります。 上記で説明したように、歩行者が事故の原因として多少(あるいは大部分)過失があっても、運転手からいくらかの補償を取り戻すことができます。 例えば、歩行者は、標識に「歩いてはいけない」と書いてあるのに渡ったり、横断歩道のないところで信号無視をしたりすることがよくあります。

      カリフォルニアで歩行者の横断ルールを管理する法律を100%守ったとしても、影響下にあるドライバーや予測不可能な行動をするドライバーのなすがままになってしまいます。 カリフォルニアの歩行者法は、あなたが通行権を持っていることは明確ですが、事故を防ぐため、または軽減するために、通行権を譲ることが賢明かつ必要な状況があることを思い出させてくれます。

      ロサンゼルス郡でかなりの時間を歩いたり運転したことがある人ならわかるように、我々の車道や歩道は非常に危険な場所なのです。 それはあなたの想像だけではありません。 LA 郡では、2015 年以降、歩行者が関与する事故が急増しています。 そして、ロサンゼルスで5歳から14歳の子どもの死因の第一位が交通事故であるという厳しい現実も同郡は背負っています。

      歩行者事故に巻き込まれた方は、絶望感を味わっているかもしれません。 訴訟は自分ではなく、他人がすることだと思うかもしれません。 しかし、現実には、私たちの満足するクライアントたちは皆、あなたと同じような立場にあったのです。

      How Long After the Accident Can I Sue?

      California Code of Civil Procedure Section 335.1 は、負傷した歩行者が事故と負傷に対して責任を負う可能性がある人々に対して請求を行うには 2 年間あることを述べています。 負傷した歩行者にとって、この2年の時効内に訴訟を起こすことは非常に重要です。

      なぜDLGはあなたの歩行者事故のケースで助けるために最高の法律事務所になるのでしょうか?

      歩行者として交通事故の犠牲者になることは壊滅的な経験である。 慢性的な怪我、PTSD、心の傷、経済的苦難、その他のストレスが、前触れもなく突然あなたの人生に入り込んできます。 そのようなとき、経験豊かで思いやりのある当事務所にご相談ください。 この道を一人で歩む必要はありません。私たちは、専門医を紹介し、スタッフのセラピストと協力し、最高の法的表現を提供します。

      DLG の人身事故の弁護士は、歩行者事故のケースに非常に多くの経験を持っています。 歩行者事故、または他のタイプの人身事故の訴訟を考えている場合は、私たちの満足のいくクライアントからの声をご覧ください。

      DLGの弁護士は、カリフォルニア州で多くの歩行者事故の示談金を獲得しており、負傷した被害者が怪我による途方もない医療費や逸失賃金に圧倒されないという安心感を通じて「全体」を残します。

      DLGが他社より優れているのは、個別のケア、サポート、慎重さと通常大きな事務所だけに期待できるリソースと結果を兼ね備えている点です。 DLGの創設者兼社長であるサミュエル・ドルデュリアンは、元ロサンゼルス郡副地方検事で、数え切れないほどの歩行者事故や交通事故の案件を成功裏に扱ってきました。

      ここDLGでは、クライアントを大切にし、クライアントにふさわしい結果を出します。 また、クライアントのために勝利を収めます。 私たちの裁判での98%の勝利の実績がそれを物語っています。

      もしあなたやあなたの愛する人が歩行者事故の被害者になってしまったら、DLGはカリフォルニア州で最高の法的サービスを提供します。

      クライアントレビュー

      「Dordulian Law Groupのすべてのスタッフ、そして弁護士の方々に、素晴らしいサービスをありがとうございました。 私は昨年怪我をし、私のケースは最近終了しました。 私はいつも、スタッフの皆さんの献身に感謝しています。 誰にでもお勧めします。」
      Maria V.
      Client Review

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。