Melville House Books

April 17, 2014

by Zeljka Marosevic

Teenagers laughing at a "Clean Teen" book -- I hope via

Teenage life rarely look this
via

Yesterday Bloomsbury Children’s Books, JKローリング、ニール・ゲイマン、ベンジャミン・ゼファニアなどの作家を擁する児童小説の大手出版社のひとつである株式会社エー・エム・シーが、新たなグローバル出版を発表しました。 クリーン・ティーン シリーズ名は「If Only」です。

このシリーズは、ティーンエイジャーにもっと頻繁にシャワーを浴びたり、部屋を片付けたりするように促すためのものではないので、「クリーンティーン」の正確な定義を理解するのは難しいです。 Bookseller はこのシリーズを「ロマンス小説」と表現していますが、出版社はもっと長い説明を提供しています:この小説は「好きになってはいけない人を好きになる十代の若者たち」を中心に描かれています。

Bloomsbury の児童小説の英国編集ディレクターであるエレン・ホルゲートは、ニューアダルトよりもクリーンでふわふわしていると示唆し、「ニューアダルト小説が溢れた後、これらの『クリーンティーン』ロマンスは、現実から少し逃避したい人にとって完璧な休日の読書になります」とコメントしました。 アメリカの出版ディレクター、シンディ・ローは、常に人気のあるSFのジャンルと区別することを好みました:

世の中のすべての退屈な終わりのフィクションがある中で、新しい愛、べき・べきでない・べきのうずまくスリル、実生活の刺激あるジェットコースターライドについてのシリーズを、私たちのティーンの読者に提供することは新鮮なことなのです。

これらの説明はいずれも、若い女性向けにチックリットを再パッケージ化したような印象を受けます。 チック・リットは最近、かつては年配の女性読者の間で人気を博していましたが、それは良いことでしかありません。 市場の一部はFifty Shadesやその後のNew Adultの流れに取って代わられたが、若い女性向けの、あるいは若い女性による小説にも新鮮な方向転換が見られるようになった。 私たちは最近、「文学的なアンチヒロインの台頭」という現象を取り上げましたが、これは「介護者や風変わりな恋敵という役割に陥ることを避ける女性主人公を特徴とする最近の本の数々」に見られると、私たち自身のSadie Mason-Smithは当時述べています。

Lohが強く反対する「陰気で世界の終わりの小説」については、最近の10代のSFは若い女性にとって非常に良いものになっているものがいくつかあります。 ハンガー・ゲーム」と「ダイバージェント」の両フランチャイズでは、女性の主人公が、ただ失恋したり、ヨーロッパのビーチに逃避行したりするだけではなく、もっとやるべきことを与えられているのです。 これらの小説に登場する若い女性たちは、「クリーン」とはほど遠く、戦ったり、人を傷つけたり、傷ついたり、リスクを冒し、間違いを犯し、道徳的な問題に直面する。 これと対照的なのが、「If Only」のひとつ、『Wish You Were Italian』の宣伝文句です:

高校3年になる前の夏。 人生最大の夏となるはずが、Pippaは全く興味のないアートプログラムに向かうことに。 唯一の救いは、それがイタリアにあるということ。 そして、チャンスが訪れたとき、彼女はプログラムを捨てて、イタリアを旅して自分の目標を達成することを決意する。 地中海で泳いだり、一度に丸ごとピザを食べたり…そしてイタリア人の男の子と恋に落ちたり!

Take that dreary sci-fi ! 一度にピザを丸ごと一枚!

清潔という言葉は、若い女性や、彼女たちが触れている文化やメディアについての議論に持ち込むには興味深い言葉です。 この本が、高校の退屈な現実とは相反する、ビーチでセックスするようなライフスタイルを示唆し、刺激的であるのに、「清潔」と呼ぶのは逆説的です。しかし、出版社は、この本は「実生活のジェットコースターのような興奮」を表していると強く主張しています。 ネタバレ注意:実生活がジェットコースターのように感じられることは決してありません。

しかし、実生活でそのような性的体験に近づくことは禁じられていると理解している限り、若い女性がこれらの本のファンタジーを楽しむことを期待するのも、まるでそうすることで「不潔」になってしまうかのように、曲解されたものである。 この10代の若者の多くが覚えていないであろうテレビ番組「One Tree Hill」では、「Clean Teens」が地元の学校の禁欲クラブの名前で、そのクラブを自認する若い女性たちがスローガンを書いたTシャツを着て、結婚まで処女でいることを学校のみんなにアピールしていたのである。 もちろん、「クリーン・ティーン」というジャンルが、汚く誇り高い存在であり続けることを許された 10 代の少年たちにも何かを提供するかもしれないという示唆はない。 この文脈での「クリーン」は、断固としてジェンダー化されており、長い間、若い女性を苦しめてきた純潔、謙虚、家庭的という理想をきちんと継承しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。