Jason Watkins

アプリケーション、オペレーティング システム、ドライバはすべて素晴らしいものですが、タスク シーケンスが機能していなければ何の役にも立ちません。 タスク シーケンスは、タスクが作成されたときにユーザーが選択したパラメータを実行する一連のスクリプトを呼び出す、基本的な XML ファイルです。 タスクシーケンスにはいくつかの種類があり、画像をキャプチャするもの、ソフトウェアをデプロイするものなどがありますが、多くはコンピュータハードウェアにオペレーティングシステムイメージをデプロイすることが中心となっています。

新しいタスク シーケンスを開始する最も簡単な方法は、Task Sequences フォルダを右クリックし、[新しいタスク シーケンス] を選択することです。 MDT の他の領域と同様に、これがどのようにレイアウトされるかを考える必要があります。 OS フォルダで行ったように、Task Sequences フォルダを OS とイメージの種類に応じて配置するのがよいでしょう。 実際には、タスク シーケンス領域に同じフォルダーを作成し、オペレーティング システム フォルダーをミラーリングしています。

MDT のオペレーティング システムとタスク シーケンス フォルダは同じです。

一般に、1 つのオペレーティング システム イメージは 1 つのタスク シーケンスと一緒に使用されます。 同じイメージを複数の異なるタスク シーケンスで使用する必要性に出くわしたことはありません。 フォルダーの作成は、タスク シーケンスの作成を開始するのと同じくらい簡単で、上のノードを右クリックし、[新規フォルダー] を選択します。 また、オフラインの MDT 配置共有を作成する場合、タスクとオペレーティング システムを分離することにより、選択プロファイルをよりスリムにすることができます。 各タスクは、手始めに一意の ID と、一意であるかないかを問わず名前が必要です。 ID は、配置共有のファイル システム階層内のタスク シーケンス用のフォルダーの名前になります。 IDには、タスク・シーケンスで行うことを省略したものを使用するのがよいでしょう。 例 DEPW7EX64 は Windows 7 Enterprise x64 のイメージを展開する場合、CAPW7EX64 はイメージをキャプチャする場合です。 各IDが一意である限り、どのようなものでもよい。 名前と説明は、Windows PE からイメージの選択画面でイメージを作成する人に表示されるように、簡潔で意味のあるものでなければなりません。

ユニークな ID と意味のある名前と説明を選択します。

Select a unique ID and meaningful a name and description.

Next, is the place to select the type of task sequence being created.

Select a unique ID and meaningful a name and description.

Select a unique ID and meaning a name and description. いくつかの種類がありますが、今回探しているのは「標準クライアント タスク シーケンス」です。

この例では、「標準クライアント タスク シーケンス」

を選択します。

次に、展開するイメージが必要です。 ここにも、ちょっとした整理整頓が将来的に報われる例があります。 この場合、イメージを見つけやすくすることです。 ISO から Windows 7 の基本インストールイメージを選択します。

Choose the desired OS image.

Choose the desired OS image.

Windows は正規化するためにプロダクト キーが必要です。 次の画面では、プロダクトキーについて、なし、MAKキー、リテールプロダクトキーの3つのオプションが提示されます。 私は展開に KMS アクティベーションを使用することにしており、Windows を KMS サーバーに導き、キーを入力し、アクティベーションするスクリプトに依存しています。 スクリプトは、アプリケーションとしてMDTに追加され、そのように実行されます。

I typically do not enter a product key at this stage.

I typically do not enter a product key at this stage.

Next, we have to enter some OS information.If MAK activation is the way to go, here’s chance. 私は、ソフトウェアがライセンスされている人または組織を使用しています。 ホームページのURLはInternet Explorerのみであることに留意してください。

ここで、ソフトウェアライセンスの登録所有者または組織

を入力します。

次のステップでは、内蔵管理者であるローカル管理者アカウントのパスワードを求めています。 ここでは、後で変更される基本的なパスワードを入力します。 パスワードは、結果の unattend.xml ファイルで難読化されるため、安全であることに留意してください。

Enter a password for the built-in administrator account.

Enter a password for the built-in administrator account.

次のステップは、要約画面と完了です。 それらはNextとFinishで通過することができます。 これで、あまりカスタマイズせずに Windows 7 を展開する基本的なタスクができました。

完成したタスク シーケンス。

完成したタスク シーケンス。

もう少し効果を上げるには、特にドライバー挿入が行われるところで、タスク シーケンスを編集していくつかのステップを追加する必要があります。 タスクシーケンスを右クリックし、”プロパティ “を選択するだけです。 Generalページには、今更変更できないように、以前に入力した設定がすべてリストアップされています。 私は通常、これらのすべてをあまりいじりません。 しかし、タスク・シークエンス・タブには手を入れます。

私は、イメージ化された PC で使用されるドライバーをしっかりと管理したいので、タスク シーケンスにどこを見るかを正確に伝え、MDT が理解できるように少し残しています。 このための最初のステップは、使用するドライバーを特定するタスク シーケンス変数を追加することです。 トップメニューから「Add」を選択し、「Task Sequence Variable」までトラックダウンします。

Variable above the Inject Drivers step.

Variable above the Inject Drivers step.

変数名を “DriverGroup001” 、値を “Windows 7 x64%Make%\%Model%” (クォートなし) に設定し、これを “Preinstall” セクションに配置します。 この規約は、私が以前行ったドライバー管理に関する投稿に従ったものです。 もし、あなたがそこに従ったなら、これらはそれを補完するものです。

DriverGroup001 \ Windows 7 x64%Make%%Model%

DriverGroup001 \ Windows 7 x64%Make%Model%

次に、Inject Driversステップを展開シェア上のすべてのドライバーを許可していましたが、 “Windows 7 x64%Make%Model%” で見つかったもののみを使用するように修正しなければなりません。 これを行うには、選択プロファイルを “Nothing” に変更し、”Choose all drivers from this selection profile” というタイトルのラジオボタンを選択します。 これにより、自動ドライバー検出がオフになり、”Windows 7 x64%Make%Model%” で見つかったドライバーだけが使用されます。

Selection Profile = Nothing / Choose all drivers...

Selection Profile = Nothing / Choose all drivers…

In a very basic sense, これで完了です。 MDT は Windows 7 をインストールし、インストールされたハードウェアの WMI によって検出されたドライバーのみを使用します。 これは、基本的な Windows のインストールで、素早く立ち上げる方法です。 しかし、追加のステップを追加して、タスク シーケンスを甘くすることができます。

「状態の復元」セクションで、本当に触れる必要のないステップの1つは、”アプリケーションのインストール” です。 デフォルトの状態では、MDT ウィザードは、配置サーバーにリストされている任意のまたはすべてのアプリケーションをインストールするようにエンド ユーザーに要求します。 これは汎用性が高く便利ですが、何度も実行すると繰り返しになる可能性があります。 このプロンプトを回避して MDT に必要なアプリケーションをインストールさせるには、アプリ バンドルを作成し、必要なアプリをバンドルに追加して [アプリケーションのインストール] ステップでそれを実行するだけにします。 例えば、私のバンドルは “Windows 10 Classroom Software” と呼ばれています。 これには、Symantec Endpoint Protection(SEP)、BigFixクライアント(IEM)、Sassafras K2クライアントが含まれています。 これらをイメージに組み込まない主な理由は、これらの値がインストールされるインスタンスごとに一意である必要があるためです。 テンプレート・コンピューターにインストールして、固有のコンポーネントを削除することもできますが、デプロイ時にインストールするのも同じように簡単です。

Create an application bundle and have MDT install that.

Now, our virgin Windows 7 install will be antivirus software, and endpoint management software, which is pretty much everything we need for work environment.Windows 10 Classroom Software は Windows 7 で実行されます。 Microsoft Office やその他のものをインストールするのに MDT を使用することもできますが、BigFix はそれもやってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。