IP Law Bulletin

この問題をよりよく理解するために、まず、公開の問題がなぜ出願人にとって考慮に入れることが重要であるかの背景から始めます。 多くの読者は、35 U.S.C. § 102と新規性要件に精通している。 特許を取得するためには、出願人は新規な発明、言い換えれば、まだ一般に公開されていないものをクレームしなければならない。 出願日前の発明の公開は、その発明が新規性を欠くことを意味する。 ただし、後述するように、米国では35 U.S.C. § 102(b)(1)に基づき、1年の猶予期間が存在することに留意されたい。 7570><2998>さらに、102条(b)は、発明者による開示でさえも新規性を破壊することができると述べている。 これは、特許保護が見返りであるという考えからきている。発明の詳細を公衆に開示することのインセンティブとして、発明者は、他者が発明の範囲を実施することを防止するために、その発明について限定的な「独占権」を与えられるのである。 7570>

幸いなことに、米国では発明者自身の開示後、1年間の出願猶予期間がある。 しかし、多くの外国ではそうではありません。 出願人がグレースピリオドの恩恵を受けられるかどうかのルールは国によって異なり、特定の状況でのみグレースピリオドが適用される場合もあります。 さらに、猶予期間の長さも国によって異なります。 例えば、少なくとも以下の国は、何らかの形で12ヶ月の猶予期間を設けています。 米国、アルゼンチン、ブラジル、カナダ、メキシコ、大韓民国、シンガポール、少なくとも以下の国は、何らかの形で6ヶ月の猶予期間を設けています。 オーストラリア、日本、ロシア、サウジアラビア、アラブ首長国連邦。 中国、欧州特許庁、およびほとんどの欧州諸国は、狭い状況を除いて、猶予期間を設けていません。 世界知的所有権庁は、国ごとの猶予期間の詳細について便利な表を提供しています。

さらに、猶予期間は1年間にのみ制限されています。 7570>

General Rules of Public Disclosure

発明の公開には、特許や印刷物への記載、公的利用、公的販売など、複数の方法があります。 今回は、「印刷された出版物」による一般的な公開の問題に焦点を当てますが、これは驚くほど広い範囲に及びます。 他の§102の検討事項については、過去の投稿を参照のこと。

CAFCは最近、Medtronic, Inc.対Barry裁判において、公的開示の問題について考察した。 この事件は、ビデオ・デモンストレーションを収録したCDと、いくつかのグループ会議で配布されたスライドデッキの一部を収録したバインダーの配布が、公開にあたるかどうかを問うものであった。 裁判所は、Blue Calypso, LLC v. Groupon, Inc.を参照し、パブリックアクセシビリティが、文献が公に開示されたかどうかを判断するための「試金石」であると説明しました。 7570>

おそらく最も明白な形式として、印刷された出版物の公開は、資料が一般流通に置かれたときに起こり得ます(雑誌広告、宣伝用出版物、新聞記事など)。 出願人は、著作物が当業者に向けられたものであれば、実際の流通はほとんど必要ないことを心に留めておく必要があります。 一般に流通する印刷出版物に記載された発明は、通常、公開を構成する。

公開の別の潜在的な形態は、会議やグループミーティングなど、選ばれた人たちのグループに対して行われた公開に関するものである。 7570>

Distribution and Discussion in Group Meetings

Intuitively, discussion of the invention at a large conference is something to avoid until the priority date is secured, but what about discussions in the meeting with three or four executives from another company? その分野の専門家の小集団と配布資料で情報を共有する場合はどうでしょうか。 上で述べたように、究極の問題は、その資料が当該分野の利害関係者が公的にアクセスできるかどうかです。 その問いに答えるために、裁判所は以下の要素を考慮しています。

  • 正式な法的義務がない場合でも、配布者と資料の受取人の間に秘密保持の期待があるかどうか;
  • 会議の規模;
  • 会議の規模;
  • 会議の規模;
  • 会議の規模;
  • 会議の規模。

  • 会議の性質、および会議が開示された資料の主題に関心のある一般市民に開かれているか、代わりに特定のグループのメンバーに限定されているか;
  • 対象者の専門性を考慮し、誰が会議に出席したか;
  • 資料は制限なく配布されたかどうか。

何が実際に公開を構成するかを考慮することにより、さらなる開発や製品化のための貴重で実用的なフィードバックを得る方法で、自信を持って発明を共有することが可能になります。 パート2をお読みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。