Chrysophyta

Definition
noun
(phycology) クリソフィティ(黄金藻)、キサントフィティ(黄緑藻)、珪藻からなる門
補足
古い分類法、すなわち、ディアトムの場合です。原生生物界は、動物的なもの(原生動物)、植物的なもの(藻類)、菌類的なもの(粘菌、水カビ)からなる生物界で、いくつかの門に分類される。 植物様または藻類は、さらに以下の門に分けられる。 植物に似た藻類は、さらに、オイグレノフィータ、クリソフィータ(珪藻)、ピロフィータ(渦鞭毛)、クロロフィータ(緑藻)、ファエオフィータ(褐藻)、ロードフィータ(紅藻)などに分類されます。 クリソフィータには、クリソフィーカ(Chrysophyte)、キサントフィーカ(Xanthophyte)、バシラリオフィーカ(Bacillariophyte)(珪藻)が含まれる1。クリソフィーカは主に鞭毛構造を持ち(運動しない種もある)、フコキサンチンを豊富に含むため黄金色に見えるのが特徴の藻類群である。 オクロモナス属やクリソサカス属などが含まれる。 キサント藻類は、β-カロテンとジアジノキサンチンというカロテノイドを豊富に含むため、その色彩が特徴的です。 フコキサンチンを含まないため、色が薄い。 クロララクニオン属、トリボネマ属、ボトリディウム属などがキサントフィアの仲間である。 珪藻類は、細胞壁にシリカを含むペクチンを含み、2つの部分が重なり合ってできているのが特徴です。 単細胞のものが多いが、コロニーを形成するものもある。 フラギラリア属、タベラリア属、アステリオネラ属は、珪藻の一例です。
ただし、生物の分類は、研究が進めば新しい分類体系になるため、常に変化していることに留意する必要があります。 例えば、NCBIの分類データベースでは、珪藻、黄金色藻、黄緑色藻は真核生物超分類のStramenopiles(ヘテロコント)に分類されている。 2

  • algae
  • Protista
  • diatom
  • xanthophyte

も参照してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。