ChangeX Blog

ポジティブなコミュニティ精神、特に多様なコミュニティで貢献するためには、人々が話し、意見を聞いてもらえる安全な空間を作ることが重要です。 さらに、ストーリーテリングは、互いへの理解を深め、問題に対する異なる見方を促進する素晴らしいツールでもあります。 しかし、地元のジャーナリスト、図書館、公民館、地元企業などが協力し、同じコミュニティの市民として力を合わせることで、近隣からより多くのストーリーを有意義な形で実現できることがたくさんあります。 これらのアイデアのいずれかを開始する際にサポートを求める場合は、

Pedal to Porch

Pedal to Porch は、地域を巡る自転車旅行ツアーのようなものです。 ただ、途中には重要なランドマークはありません。 その代わりに、住民のポーチに立ち寄り、近隣の話を聞くのです。

The Way We Were

自分が生きていない時代の話を聞くのは魅力的ですし、生きている人と話す機会があるのは特権です。 ただ、私たちはその機会をなかなか持てない。

このプロジェクトは小学校で実施できますが、老人ホームで実施すると、特に静かな住人や認知症の人が展示に関わることで生き生きとした表情になり、大きな効果を発揮します。 展示会を通してコミュニティの人々が一緒に探求するのが楽しいと思われる問題を見つけ、日付と場所を決めて、そのテーマに関する何かを持って来るようにみんなを招待します。 例としては、以下のようなものがあります。 「

ヒューマン・ライブラリー

異なる場所や環境で育った人、私たちと異なる仕事をしている人、あるいはまったく仕事をしていない人、障害をもって暮らしている人、異なる宗教に従っている人たちと話すことから、学ぶことがたくさんあります。

私たちは皆、多くの偏見を持っています。ヒューマンライブラリーは、そうした偏見と向き合い、あなたがあまり知らないようなことを経験し、生活している人たちから直接話を聞くことができる場所なのです。

フォトウォーク

スティグマと戦わなければならないのは個人だけではなく、一つの視点からしか見られないことが多い地域やコミュニティ全体もあります。 そこで、地元の公民館や大学、近隣の貢献者たちが、プロのカメラマンと一緒に定期的にフォトウォークを開催するようになりました。 地域の外から、あるいは内部から、異なるレンズを通して地域を見てもらうのです。 写真はその後、地元のニュースサイトで公開されます。

City Walks with refugees

他人の目を通して場所を見るというのは、ベルリンのQuerstadteinやプラハのPragulic、アムステルダムのAmsterdam Undergroundのようなプロジェクトもそうです。

My Country Talks

My Country Talksは、もともとドイツの全国紙Die Zeitのジャーナリストが、まったく異なる視点を持つ人たちと1対1の議論をするために立ち上げたプロジェクトです。 同性婚や移民問題など、異なる考えを持つ人とのマッチングを読者に募り、応募してもらった。

このアイデアを再現するために、彼らは「My Country Talks」というプラットフォームを開発し、世界中のどこでも簡単にプロジェクトを立ち上げることができるようにしました。 それを取り囲む環境や自然もまた然りです。

Story Corps

これらの物語を、その場で聞くだけでなく、どのように記録すればいいのでしょうか。 Story Corpsは、まさにそのためのフレームワークを提供します。

Story Corps は、このような記録サイトを全米に作りましたが、他の場所にいる人たちのために、コミュニティで会話を記録するのに役立つアプリ StoryCorps App も作りました。 あるいは、上記のアイデアを使った経験をすでにお持ちで、ChangeXコミュニティと共有したいとお考えですか? 以下のコメント欄、または

までお知らせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。