Can a Christian be Cursed?

The Curse and Cure in the Old Testament

God pronounced the first curse ever in Bible in the Genesis 3:14-19. 創世記3章はアダムとエバがサタンの提案で神に反抗したことが叙述されています。 最初の人は罪を犯し、そのすべての子孫とともに死の呪いを受けました(創世記3:16-19; 1コリント15:22; ローマ5:12)。 この呪い-うるさい夜更かしや私たちの道を横切る野生の猫ではない-は、すべての人間の不幸の主な原因です。

Medicine in the Malediction

しかし、これは非常に重要ですが、彼の怒りの中で、神が慈悲深いままでいることに注意しなければなりません(ハバクク3:2)。 呪いには治療が伴いました(創世記3:15)。 あるいは、逆説的に言えば、呪いの中に薬があるのだ。 女の「種」(イエス・キリスト)は、剣に倒れることによってアダムの裁きを逆転させる。 蛇は彼に致命的な傷を負わせる。 しかし、彼の死はまさにサタンの頭を砕き、勝利するための手段なのです。 アブラハムの子孫として、彼を通して「地のすべての家族が祝福される」のです(創世記12:3、ガラテヤ3:15-20参照)。

神は正しい方であり、悪い親の罪のために正しい人を責めることはない

一方、アブラハムの直系の子孫であるイスラエルは、必然的に裁かれて恵みに対する反抗というアダムの話を再演する(申命記6:11-15)。 旧約聖書はイスラエルの罪の物語であり、主が「私を憎む者」の息子たちに父祖の不義をどのように「訪れたか」(出エジプト20:5)である。 神は、父祖と一緒に偶像崇拝をする子孫を裁かれる。 しかし、正しい行いをする者は、親の罪のために死ぬことはない(申命記24:16、エゼキエル18:20)。 ユダの王アマジヤは、父を殺した者たちを処刑し、その子らを赦したことがその例です(2列王14:5-6)。

呪われた人類

しかし、神の人類に対する非難は、「すべて罪を犯した」(ローマ3:23)ことです。 誰も義人ではありません。 そのようなわけで、神の裁きは当然、私たちに下ります。 罪を犯すことによって、私たちはアダムの罪を私たちの罪として確認することになる。 ですから、罪を犯すと、私たちはアダムの呪いの対象となるのです。 私たちの祖先は私たち以上の罪人ではなく、私たちが彼ら以上の人間でないのと同じように。 すべての人は等しく、罪の中にあるアダムと連帯しているのです。 私たちが皆死ぬのは、「アダムの中で」であって、「先祖の中で」ではないのです(1コリント15:22)。

新約聖書における呪いと治療

新約聖書では、「呪い」という名詞が6回出てきます(ガラテヤ3:10、13;ヘブル6:8;ヤコブ3:10;第2ペテロ2:14)。 動詞「呪う」は5回出てきます(マタイ25:41、マルコ11:21、ルカ6:28、ローマ12:14、ヤコブ3:9)。 これらの文章はクリスチャンが敵をののしることを禁止しているか、悔い改めない罪人に対する神の裁きを宣言しています。

私たちの罪に対する神の裁きはキリストの上に下ったので、私たちは今、私たちが値する呪いから贖われました

ガラテヤ3章10-14節は、信者がなぜ呪いを受けることができないかを説明しています。 キリストはその死によって、「自分の中にいる」すべての人を罪の束縛から救い出されたのです。 “キリストは私たちのために呪いとなることによって、私たちを律法の呪いから贖い出してくださいました”(ガラテヤ3:13)。 このように、アブラハムの祝福は異邦人にも訪れ、「信仰によって約束の御霊を受けるため」(ガラテヤ3:14)である。 私たちは皆、「アダムの中で」死んだように、「キリストの中で」生きているのです。 私たちが呪われるか祝福されるかの違いは、私たちの場所によって決まるのです。 私たちの罪に対する神の裁きがキリストの上に下ったので、私たちは今、私たちが当然受けるべき呪いから贖われたが、それは私たちが「キリストのうちに」いる場合に限られる。

十字架に呪いを釘付けする

福音は、神が木の上でその身に我々の罪と裁きを負い、復活した命の新しさに我々を引き上げてくださったという宣言をするものである。 あなたが受けるべき呪いは十字架に釘付けにされ、永遠に忘れ去られたのです。 ビルンギは見事に娘として、そのアイデンティティーが神にある新しい被造物として生まれ変わりました(2コリント5:17)。 カワオヤは王の子であり、神による相続人です(ガラテヤ4:7)。

「先祖の罪」を告白することは、私たちの真の霊的父が神のみであることを忘れています

「先祖の罪」を告白することは、私たちの真の霊的父が神のみであり、その中で私たちは本当に自由です(ガラテヤ5:1)。 私たちは、そのような解放セッションが私たちを作るよりも自由なのです。 キリストの十字架は、私たちの首に重くのしかかる呪いを砕き、私たちを絶望から救い出してくれたのです。

呪われていない-しかし堕落した世界で

その間、私たちはアダムの反逆の残滓を天国で経験するのである。 私たちは病気になり、インポテンスや不妊に直面し、死ぬことさえあります。 私たちが切実に求めている経済的な「突破口」を常に得られるとは限らないのです。 しかし、私たちにとっては、それらは夜明けが近づくにつれて消えていく闇のかすなのです。 3098>

神はすでに「私たちを暗闇の領域から救い出し、愛する御子の王国に移してくださった」

だから私たちはもう伝統的なヒーラーや牧師に「私たちの妖しさの霊的原因」を明らかにしてもらう必要はないのである。 神はすでに「私たちを暗闇の領域から救い出して、愛する御子の王国に移してくださいました」(コロサイ1:13)。 もし御子があなたがたを自由にするならば、あなたがたは本当に自由になる」(ヨハネ8:36)

What About Witchcraft?

おそらく私たちの心に一つの疑問が残るでしょう。 アフリカの魔術の現実を考えると、クリスチャンはどのように生きればよいのだろうかと。 私たちの生活が悪化し、誰かが私たちに妖術をかけたという噂が耳に入るとき、私たちはどうしたらよいのでしょうか。

魔術の現実に直面したとき、私たちの前に二つの選択肢があると思います。 第一は、恐怖の専制政治に屈することである。 絶望に溺れるか、あるいは-ある人たちのように-魔女を「出し抜こう」とすることができます。 牧師の助けを借りて、ある者は「呪いを送り主に返せ」と命令する。 しかし、これらの行動は、私たちがまだ愛において完成されていないことを明らかにするだけです(1ヨハネ4:18)。 福音がまだ私たちの世界観を形成していないことを示し、私たちの神が先祖よりも優れた保護者ではないことを示唆しているのです。 要するに、私たちは先祖の神々を新しい名前で崇拝しているに過ぎません。

信仰によって恐れを打ち消すことは、諸国の神々が唯一の真の生ける神に対して無力な偶像であることを示す唯一の方法です

Under Wings of Protection

あるいは、信仰と神の約束においてしっかりと立つことができるのです。 私たちは「キリストにある」者として、「恐れを追い出す」(第一ヨハネ4:18)神の完全な愛(ローマ8:37-39)から私たちを引き離すものは何もないと信じることができるのです。

魔術の主張が私たちに向かって突進してくるとき、神がすでに祝福された者を魔術にかけることは誰にもできないことを知って、私たちは安らぐべきである(民数記23:7-8、19-23)。 あなたに対して造られたどんな武器も成功せず、あなたに対して立ち上がるすべての舌をさばきで打ち負かす」(イザヤ54:17)のですから。 3098>

このように、信仰によって恐れを打ち負かすことは、国々の神々が偶像であり、唯一の真の生ける神に対して無力であることを示す唯一の方法である。 神の民に対する保護は、約束であり現実である。 その翼の下にいる者は、どんな力も傷つけることができません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。