Biphaseic sustained release for busy bodies with symptoms on sensitive skin1-3

INDICATIONS AND USAGE

HALOG® Solution (Halcinonide Topical Solution, USP) 0.1%, HALOG (Halcinonide Cream, USP) 0.1% and HALOG (Halcinonide OINTMENT, USP) 0.1 %。1%は、コルチコステロイド反応性皮膚疾患の炎症およびそう痒症状の緩和を適応としています。

IMPORTANT SAFETY INFORMATION

CONTRAINDICATIONS

Topical corticosteroid is contraindicate in those patients with a history of hypersensitivity to any of the components of the preparations.

注意事項

局所用コルチコステロイドの全身吸収により、一部の患者で可逆的な視床下部-下垂体-副腎(HPA)軸抑制、クッシング症候群の症状、高血糖、ブドウ糖尿が発現している。

全身吸収を増大させる条件には、より強力なステロイドの適用、広い表面積での使用、長期の使用、および閉塞性ドレッシングの追加などがある。 広い面積への適用または閉塞性包帯の下での適用は、尿中遊離コルチゾールおよびACTH刺激試験によるHPA軸抑制の証拠、および温度恒常性の障害について定期的に評価されるべきである。 HPA軸の抑制または体温の上昇が起こった場合は、薬剤を中止する、適用頻度を減らす、より作用の弱いステロイドで代用する、または閉塞法を利用する場合は順次アプローチを行うなどの試みを行うべきである。 小児への局所的なコルチコステロイドの投与は、有効な治療レジメンに適合する最小量に制限されるべきである。 慢性的なコルチコステロイド療法は、小児の成長と発達を妨げることがある。

皮膚感染症がある場合、適切な抗真菌剤または抗菌剤の使用を開始すべきである。

特定の集団における使用

局所コルチコステロイドは、潜在的利益が胎児への潜在的リスクを正当化する場合にのみ、妊娠中に使用されるべきである。 この種の薬剤は、妊娠中の患者に広範に、大量に、または長期間使用すべきではない。

全身投与された副腎皮質ステロイドは、乳児に有害な影響を及ぼすとは考えられない量だけ母乳中に分泌される。 授乳中の女性に局所用コルチコステロイドを投与する場合は、注意が必要である。

有害反応

以下の局所有害反応は局所コルチコステロイドでまれに報告されるが、閉塞性ドレッシングの使用でより頻繁に起こる可能性がある(反応はおおよそ発生率の低い順に記載されている)。 灼熱感、かゆみ、刺激、乾燥、毛包炎、多毛、にきび様発疹、色素沈着、口周囲皮膚炎、アレルギー性接触皮膚炎、皮膚の浸軟、二次感染、皮膚萎縮、線条および粟粒。

詳細な処方情報をご覧ください。

有害事象が発生した場合は、医薬品安全対策部(1-800-406-7984)またはメール([email protected])に報告することが推奨されます。 また、FDA(1-800-FDA-1088またはwww.fda.gov/medwatch)にも報告してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。