An introduction to alcohol-induced brain damage and its causes

アルコールによる脳障害に関するシンポジウムの目的は、この障害に大きな役割を果たすと考えられている因子に関する現在の見解と最近の進歩をレビューすることである。 主な要因は、アルコール特異的神経毒性、それに伴うビタミンB1(チアミン)欠乏症(Wernicke-Korsakoff症候群)、アルコール性肝硬変に続発する肝障害の3つである。 これらの因子とその他の因子は複雑に相互作用しており、アルコール関連脳障害の発症におけるそれぞれの相対的重要性を解明することは困難である。 さらに、最近の分子生物学的、生化学的研究により、これらの要因のいくつかは、興奮毒性、一酸化窒素、フリーラジカルなど、共通の発症メカニズムを持っている可能性が示唆されている。 慎重に選ばれたアルコール症例の神経病理学的研究に新しい技術を適用することによって、現在の見解よりもはるかに複雑な損傷パターンが明らかにされつつある。 定量的形態計測と免疫組織化学を組み合わせて、脳のさまざまな解剖学的領域の3次元画像を作成し、神経細胞の数、大きさ、神経化学的タイプの詳細な分析を行うことができるようになった。 ウェルニッケ・コルサコフ症候群(WKS)では、皮質および皮質下領域でニューロンの特定の集団が損傷していることを示唆する十分な証拠(神経心理学的および神経放射線学的データの裏付け)がある。 また、WKSの場合、脳室周囲以外の皮質および皮質下領域にも病理学的な損傷があることを示す証拠がある。 このように、より詳細な研究により、アルコールに起因する脳障害について、より包括的に理解することができるようになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。