Amitriptylineの代替品 – 選択肢は?

アミトリプチリンはすべての患者さんにとって正しい選択とは限りません。 そのような場合は、アミトリプチリンの代替薬の可能性について医療従事者と話し合うことが重要です。

Amitriptyline Alternatives

アミトリプチリンの代替薬となると、どのような選択肢があるのでしょうか? アミトリプチリンを服用できない場合、または効果的に作用しない場合、医療提供者はうつ病の症状を治療するための代替薬を推奨するかもしれません。

推奨されるかもしれない代替薬のいくつかは、ノルトリプチリン、デシプラミン、イミプラミン、またはドキセピンを含みます。 これらの薬は、気分を改善し、うつ病の症状を管理するために使用されます。 ノルトリプチリンとデシプラミンは、アミトリプチリンを含む他の抗うつ薬の副作用よりも耐えられる副作用を伴うことが研究により示されています。

場合によっては、アミトリプチリンに代わるものとしてフルオキセチンがうつ病に使用されることがあります。 例えば、不安を伴う大うつ病の治療にはフルオキセチンがより効果的である可能性が研究により示されています。

不安や他の症状に使用できる抗うつ剤は他にもたくさんあります。

偏頭痛の場合

偏頭痛にアミトリプチリンを使用できない場合は、他の選択肢もあります。 プロトリプチリンやドキセピンなど、他の三環系抗うつ薬が片頭痛に使用されることもあります。 また、ノルトリプチリンは、アミトリプチリンと同じように片頭痛を抑える働きがあります。 しかし、ノルトリプチリンは一般的にアミトリプチリンに比べて副作用が少ないです。

睡眠のために

アミトリプチリンは、不眠症やその他の睡眠問題を治療する方法として処方されることがあります。 睡眠の問題でこの薬に代わるものが必要な人は、他の選択肢もあります。

ドキセピンなどの他の三環系抗うつ薬は、その鎮静作用により不眠症に使われることがあります。 2013年の研究では、ドキセピンの低用量は習慣性にならずに不眠症の治療に有効であることが示されました。 また、ミルタザピン、トラゾドン、ネファゾドンなど、他の種類の抗うつ薬も個人によっては不眠症に用いられます。

神経痛に

詳しくは、神経痛に対するアミトリプチリンのページをご覧ください。

疼痛に

関節炎、顔面痛、腰痛など異なる健康問題による疼痛治療にアミトリプチリンが使われることがあります。 この薬が使用できない場合、他の三環系抗うつ薬が痛みを管理するために処方されることがあります。 これらの薬には、ノルトリプチリン、ドキセピン、デシプラミン、クロミプラミン、プロトリプチリン、またはイミプラミンが含まれます。 これらの薬のうち、ノルトリプチリン、イミプラミン、デシプラミンは、クロミプラミンやドキセピンと比べて副作用が少ないとされています。

ガバペンチン/プレガバリンなどの他の薬や他の痛み止めも、痛みに使用することが可能です。

免責事項:この記事は医学的な助言を構成するものでも、それに代わるものでもありません。 緊急事態や深刻な医療上の疑問がある場合は、すぐに医療専門家に連絡するか、911に電話してください。 医療上の免責事項の全文は、利用規約のページをご覧ください。

アミトリプチリンの詳細

  • 妊娠中のリスク
  • 離脱
  • アミトリプチリンとアルコールの相互作用
  • アミトリプチリンの代替薬
  • 神経痛に対するアミトリプチリン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。