Ambiguously Brown

Or do they? 褐色度のもう一つの側面は、異なる人種間でどれだけのバリエーションがあるかということです。 両親ともインド人なのに、肌が白いからパキスタン人に見えると、インド人やパキスタン人によく言われました。 また、中東系の友人には、白人と思われていても、その家族がインド系やヒスパニック系に見えることがありますし、ヒスパニック系の友人でも、南アジア系に見えることがあります。 褐色であることがあいまいなのは、人々が「どのように見えるべきか」というぼんやりとした共有概念が、必ずしも現実を反映していないからかもしれません。

だから、私がアメリカの外でも中でも、たくさんの思い込みを受けることは理にかなっています。 しかし、アメリカで褐色であることの意味には、この国が人種を白か黒かで考えるという事実がどれほど影響しているのでしょうか。 私がどこから来たのかと聞かれるのは、私が白人でないからだけでなく、黒人でないからでもある。 人口の大部分がインド人、フィリピン人、ヒスパニックなどであるにもかかわらず、褐色であることはアメリカ以外の出身であることを意味するという、根本的に「異国」あるいは「外国」であるという認識がある(そして最近まで「外国」とされていた人々の多くが褐色とは程遠いという事実もある)。 アメリカの白人の真珠のような門は、アイルランド人、イタリア人などを含み始めたのは、前世紀のことです)

このように、茶色を「外国人」または「その他」と同一視することは、長い間アメリカの人種複合体の一部となってきました。 Tanvi Misra (私の知る限り関係ありません) は、ジム・クロウ時代の南部で、一部の黒人がターバンや見せかけの褐色性に目をつけたことについて書いています。 「ある場所では、自分を黒人以外のものに見せかけることができれば、ある程度の差別を回避することができたのです」。 1920年代にアメリカ各地で講演をした学者のチャンドラ・ダルマ・セナ・グネラトネは、反黒人差別に直面し、憂慮していた。 彼はターバンを巻いてこれをかわした。”ターバンを巻けば誰でもインド人になる “と指摘したのである。 ミスラが指摘するように、ターバンはインド人だけのものではなく、中東、東アジア、北アフリカでも見られるもので、ターバンによって人種的偏見の対象にもなりうる。 しかし当時は、ターバンを巻くことで茶色に見えることで回避できた。それは「外国人」「免除」「黒人ではない」「ちょうどいい白人」という意味だった。 ジュリア・キャリー・ウォンは、アジア系アメリカ人がマイノリティと白人性の間にある境界線をどのように踏んでいるのかを検証しています。 「5月29日、グーグルが初めて従業員の人口構成を明らかにしたとき、アジア人が機能的に白人性に組み込まれている可能性を示す最近の事例があった。 圧倒的に男性が多いことに加え、グーグルの従業員は61%が白人、30%がアジア人です。” 彼女は、こうした曖昧な線引きは、白人の構造的権力を維持するためのものだと指摘する。 南アジアや南アジアのイスラム教徒も強烈な差別を受けていることを考えると、アジア系アメリカ人の特権の境界線はかなり曖昧になる可能性があります。 アメリカ白人にとって、茶色は “エキゾチック “または “他者 “を意味する。 私にスペイン語で話しかけてくる人々にとっては、褐色は “我々の仲間 “を意味する。 人種に関する質問だけでなく、肌の色によって自分のキャリアが左右されるとか、性格が決まってしまうとか、ある種の人生しか歩めないとか、そういう意味合いです。 特に、私の肌が政治的に利用されることを恐れています。 私を一族の一員とみなす褐色の人々の間では、人種に関する不安から一時的に解放されたように感じる。 特に、郊外に住むようになってからは、生活空間が多様化しているので、もう少し溶け込めるようになりました。 ロサンゼルスやニューヨークなどの都市、そして海外では、多くの人が私を彼らの一員だと思い込んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。