ACOEM診療ガイドライン:急性、亜急性、慢性、術後疼痛に対するオピオイド

説明文:急性、亜急性、慢性、術後疼痛に対するオピオイドの診療ガイドライン。 米国産業環境医学協会のガイドラインが更新され、オピオイドによる急性、亜急性、慢性、術後の痛みの治療について、より詳細なガイダンスが作成されました。

方法は以下の通り。 PubMed,EBSCO,Cochrane Review,Google Scholarを用い,出版日制限を設けずに文献検索を行った。 264,617件の論文のタイトルをスクリーニングし,抄録をレビューした結果,263件の論文が包含基準を満たした。 そのうち157報が疼痛治療を扱った高質および中質のものであった。 包括的な文献レビューは、論文の抽出、批評、グレーディング、エビデンステーブルの編集、ガイドラインの確定を行い、エビデンスに基づくガイダンスを開発するために、多職種の専門家パネルによって達成されました。

勧告。 病歴、身体検査、オピオイド治療の合意は重要であると考えられるが、直接的に支持する質の高いエビデンスはない。 がん以外の慢性疼痛の治療において、非ステロイド性抗炎症薬などと比較して、オピオイドの優越性を示す質の高い臨床試験は確認されなかった。 また、術後オピオイドの低用量投与と関連したオピオイド温存治療の使用は、より良い長期機能的転帰と関連している。 急性期および術後の疼痛を有する患者には、オピオイドを選択的に使用することが推奨される。 また、亜急性期や慢性期の疼痛を有する患者を高度に選別し、慎重に実施された慢性オピオイド治療の臨床試験を検討し、客観的な機能改善が証明された場合にのみオピオイドの維持処方を行うことも合意形成のための推奨事項である。 強力で再現性のある用量反応関係から、推奨されるモルヒネ等価量の上限は50mg/日以下であることが明らかになった。 より高用量の処方は、それに見合ったより大きな機能的利益を文書化し、副作用を包括的に監視し、インフォームドコンセントを行い、その治療のリスクと利益を慎重に検討した場合にのみ行うべきである。 慢性的なオピオイドの使用には、インフォームドコンセント、治療合意書、機能的利益の追跡、薬物スクリーニング、漸減の試みなどが必要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。