ABA 101: Prompting

By Morgan McClellan, Marketing Coordinator

Registered Behavior Technicianが使う「プロンプティング」という言葉を聞いたことがありますか? これは、クライアントに新しいスキルを教えるときに、ABAベースのセラピーの基本的な部分です。

「プロンプトは、成功を確実にするための追加刺激です」と、最新のトレーニングビデオでBCBAのMegan Prickelは言います。

クライアントが、2段階の運動模倣などのスキルを教えるために、物理的プロンプトを必要とするかもしれません。 この例としては、運動模倣のモデルを作り、その後にクライアントに正しい動作を真似させることがあります。 また、言葉によるプロンプトが必要な場合もあります。 例えば、車の絵を見せながら、「これは何ですか? 車!」

新しいスキルを使ってクライアントにプロンプトを出すときは、最も邪魔なプロンプトレベルから最も邪魔じゃないレベルへと階層を下げていき、反応を引き出すのに必要なプロンプトを徐々に弱くしていきます。 これは、ABAベースのセラピーにおける私たちの究極の目標の1つである、クライアントの自立を助けます!

異なるプロンプトレベルについて、こちらのトレーニングビデオをご覧ください。

Last updated by Morgan McClellan at September 19, 2019.

September 19, 2019, Morgan McClellan

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。