融点直下の温度でのアルミニウム合金の成形

製品の機械的特性を改善するために、融点直下の温度での固体材料の成形プロセスが提案されています。 半固体温度では塑性変形に伴う発熱により材料が変形する。 500〜550℃の温度で押し出されたアルミニウム合金(Al-7%Si-0.3%Mg)ビレットの引張強度、伸び、硬度および靭性を、熱間成形(450℃)およびセミソリッド温度(560℃)で押し出したビレットと比較する。 成形中のビレット温度は、有限要素法によるシミュレーションで評価した。 固相温度直下の550 ℃で押し出されたビレットの引張強さと硬さは、450 ℃のビレットよりも高く、560 ℃でセミソリッド領域で変形したビレットとほぼ同じである。 550℃の押出ビレットの伸びおよび靭性は,450℃のビレットのそれよりも低い. 550 ℃での成形荷重は450 ℃での成形荷重のほぼ半分である。 押出ビレットの表面に割れが発生するのは、パンチ速度が速い場合である。 ソリッドビレットを半固体状態で押出した場合の計算温度は,引張強さおよび硬さが向上する実験温度とよく一致した

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。