脳の霧を晴らす

中毒やアルコール依存症は、短期的および長期的に脳に変化をもたらし、脳の霧を発生させます。

アルコール依存症の脳の霧やオピオイドの脳の霧は、長期の物質依存に伴う認知上の課題ですが、断酒後に霧を晴らすことは可能です。 ギルマンの薬物中毒治療センターでは、脳霧をクリアにするためのヒントを共有しています。

脳霧とは何ですか?

脳霧は、それが霧に閉じ込められているように感じる課題の全体のセットを識別するために使用される用語です。 ブレインフォグと関連する病気もありますが、依存症やアルコール依存症などの課題とも関連します。 脳内霧の症状には、以下のようなものがあります。

  • 考えがまとまらない
  • 混乱する
  • 集中できない
  • 記憶力の低下。 特に短期的なもの
  • 気力の低下・疲労感
  • コミュニケーションの難しさ

脳霧は病状ではなく、むしろ他の病状に伴う症状の集合体であることを認識することが重要です。 それでも、脳内霧は、症状の改善のために解決に焦点を当てたアプローチを必要とする、困難な問題である場合があります。 誰もが脳内霧の混乱と格闘したいとは思っておらず、断酒はこの問題の症状を軽減するための第一歩です。

Treating Alcoholism Brain Fog

アルコール中毒脳内霧が起こることはあっても、永遠に霧がかかったままになるわけではありません。 ある研究では、アルコール依存症の脳内霧は、長期間の断酒によって解消され、最後の飲酒から6ヶ月後には脳内霧の症状がかなり軽減されることがわかりました1。

オピオイド脳霧の治療

オピオイド脳霧は薬物そのものに関連していることが多く、多くの脳霧症状は、実はオピオイド鎮痛剤の副作用です2断酒してこれらの薬の摂取を止めれば、脳霧は軽減されます。 また、霧が続くようであれば、治療や精神的なサポートが必要です。

脳内霧と戦うためのヒント

脳内霧と戦うためには、まず酒を断つことから始めます。 イリノイ州での医学的に監視されたデトックスを終えた後、多くの患者は、精神的な反応が鋭くなり、かなり気分が良くなっていることに気づく。 また、「禅の教え」にある「禅の教え」は、「禅の教え」と「禅の教え」を融合させたものです。

  • 規則正しい睡眠パターンを守る
  • 脳の霧が問題となる時間を特定し、その時間に休憩を取る
  • 精神衛生上の問題を特定し治療する
  • より健康な食べ物を選ぶ

あなたやあなたの愛する人がアルコール依存やオピオイド依存を克服するための支援を必要としているなら、バニヤントリートメントセンターハートランドのチームに連絡して私たちにできる支援を知りましょう。 電話番号は888-280-4763です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。