羊水過少症

トピックの概要

羊水過少症とは何ですか?

羊水が少ないということは、妊娠中に子宮の中の赤ちゃんのまわりの液体が少なすぎるということです。 この問題の医学用語は乏尿です。

羊水は、あなたが体を動かしたときに、赤ちゃんがぶつかったり傷ついたりしないように守っています。 そして、赤ちゃんを健康な体温に保ちます。

この体液の量が少ないと、赤ちゃんの成長に影響を与えることがあります。 このため、陣痛や分娩時に問題が生じることがあります。

羊水が不足する原因は何ですか?

多くの場合、羊水不足の原因が発見されないことがあります。

しかし、原因には次のようなものがあります:

  • 高血圧などの健康問題
  • 胎盤に問題がある場合。 胎盤は、妊娠中に子宮の中で成長する大きな臓器です。 へその緒を通して赤ちゃんに栄養と酸素を供給します。
  • いくつかの薬。
  • 赤ちゃんの腎臓や尿路系に問題があります。

症状は?

症状としては、

  • 膣から液体がもれる
  • 子宮が思うように育たない
  • 赤ちゃんの動きが鈍くなる

羊水不足は、どのようにして診断するのでしょうか?

医師は超音波を使って子宮内の羊水を測定します。

どのように治療するのですか?

妊娠の終わりに近い場合は、治療の必要がない場合もあります。 羊水が少ない原因や出産までの期間によっては、医師が陣痛を起こす(誘発する)ことを希望する場合もあります。

水を多めに飲むように言われたり、静脈に針を刺して水分を補給されたりする場合もあります。 医師は、より頻繁にあなたを診察することを望むかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。