愛犬はグルテン不耐性?

最近では、グルテン不耐性は人間にも認知され、その症状を管理し不快な症状を避けるための製品が棚に並んでいますが、犬にもグルテン不耐性があることをご存知ですか?

グルテン不耐性の原因は?

一般的に犬の消化器官は、小麦、ライ麦、大麦、オート麦などの穀物を問題なく消化できますが、人間と同じように、グルテンを許容できない犬もいます。 グルテン不耐性・過敏症の場合、グルテンを摂取すると、小腸で異常なタンパク質反応が起こり、小腸が炎症を起こします。 グルテンに対するアレルギー反応によって、免疫システムが胃腸を攻撃し、腸の粘膜を傷つけてしまうのです。 その結果、いくら食べてもすぐに痩せてしまいます。

グルテン不耐症の症状

グルテン不耐症は、さまざまな不快な症状であらわれます。

ペットのグルテン不耐性を診断するには

ペットがグルテン不耐性だと思ったら、まず近くの獣医さんを訪ねて、血液検査や尿検査を行い、健康状態を把握してからグルテンフリーの食事を試して、改善するかどうか様子を見ましょう。 2週間から4週間ほどで顕著な改善が見られた場合、獣医は一時的にグルテンを再導入し、再発を監視するようです。 このように、除去食と再導入食を繰り返すことで、確実な診断がつくはずです。

グルテン不耐症の犬の治療

グルテン不耐症を「治す」ことはできませんが、私のコンプリートミックスのグレイン/グルテンフリーや生76グレイン/グルテンフリーなどのグルテンフリー食を与えることで簡単に治療ができます。 小麦やオート麦などに含まれるグルテンが食事から取り除かれれば、4~6週間で症状は改善し、ペットのエネルギー、毛並み、健康全般が大幅に改善することに気づくはずです。

Complete Mix Grain/Gluten Free
あなたのペットがグルテン不耐性と診断された場合、新しいComplete Mix Grain/Gluten Freeは、バランスのとれた原材料と低い炭水化物含有量で、腸や消化器系の問題を改善するように処方された毎日の食事です。

子犬から成犬まで、毎日、ペットの生肉食(生76粒/グルテンフリーなら最適)に加えるだけでOKです。 過敏性腸、敏感な胃腸、敏感肌の犬もサポートします。

By Dr Bruce Syme BVSc(Hons)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。