原著論文ASTM A356アルミニウム合金の結晶粒微細化-重力ダイカストによる傾斜板プロセス

傾斜板フローは、アルミニウム合金ASTM A356の重力ダイカストに結晶粒微細化による材料特性を向上させるために使用されています。 長さ800mmの自然冷却されたステンレス鋼板の傾斜角度を変えて鋳造品を作成した。 得られた試験片は、引張強度と伸びの試験を行う。 鋳造試験片の微細構造を観察し、傾斜板の角度の関数としての粒径および析出物形態について結論を出した。 材料がプレート上を流れる際に生じる境界層についての解析も行った。 鋳造後の板上の残留金属層の厚さを測定することによって、境界層の厚さの指標を決定する。 また、境界層の厚さの解析的な解答も示している。 計算された境界層の厚さと、鋳造後に流路に残された材料の層の厚さは、よく一致することが示された。 さらに、ミクロ組織検査と引張試験により、60°傾斜のプレートで最良の特性が得られることが示された

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。