ポジションステートメント 姿勢検査|米国耳鼻咽喉科頭頸部外科学会

米国耳鼻咽喉科頭頸部外科学会は、平衡障害またはめまいの疑いがある特定の人の評価または治療において、以下の検査または評価ツールが医学的に示され適切であると認識しています:

1. 静止型姿勢計

2 コンピュータ化静止型姿勢計

3 コンピュータ化動的姿勢計

4 動的(または移動)姿勢計

1.1. Allum JHJ, Shepard NT. Baloh RW, Fife TD, Zwerling L, Socotch T, Jacobson K, Bell T, Berykirch K. Compison of static and dynamic posturography in young and older normal people, J American Geriatrics Soc, 42: 405-412,1994.

3. Black FO, ナシュナーLM.頸動脈の動きのある姿勢の測定について, Vol. 前庭機能の低下した患者と歪んだ患者では前庭脊髄の制御が異なる,Acta Otolaryngol (Stockh), 406: 110-114,1984.

4. Nashner LM. コンピュータによる動的姿勢計測. Goebel JA (ed)において。 めまい患者の実際的管理(第2版). Lippincott, Williams, and WIlkins, Philadelphia, 2008:152-182.

5. Nashner LM. バランスシステムの神経生理学と動的プラットフォームposturography, New York, NY, Diagnostic and Rehabilitative Aspects of Balance Disorders and Dizziness, 104: 62-68,1994.

2007/12/27採択
2014/9/20改訂

重要な免責事項の通知(2014/7/31更新)

ポジション声明はアメリカ耳鼻科学会-頭部と首外科または財団(AAO-HNS/F)の理事会によって承認されており、通常AAO-HNS/F委員会によって生成されています。 アカデミーまたは財団の理事会によって承認されると、それらは公式の見解文となり、既存の見解文ライブラリに追加されます。 これらは決して標準治療を示すものではありません。 ポジション・ステートメントの適用範囲は、手技の指針として、個々の患者が示すすべての状況に照らして、担当医が決定する必要がある。 これらの臨床的ポジション・ステートメントを遵守することで、あらゆる状況において治療の成功が保証されるわけではありません。 すべての AAO-HNS/F のガイダンスと同様に、このポジション・ステートメントは、すべての適切な治療決定や治療方法を包括するものであると見なすべきではなく、また、同じ結果を得るために合理的に指示された他の治療決定や治療方法を排除するものであると見なすべきではない。 ポジション・ステートメントは、法的、医学的、またはビジネス上のアドバイスとして扱われることを意図したものではなく、またそうであってはならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。