ブーベ島の謎

ブーベ島の西海岸の写真(Credit to François Guerraz

Picture showing the west coast of Bouvet Island.
Credit to François Guerraz

氷点下で、文字通り辺境の島、南大西洋にある、世界で最も遠い島として知られるのがブーベ島です。 ノルウェーの属領であり、非常に小さな無人島で、1978年から1979年にかけて数ヶ月間、気象観測所が稼働した後、現在は自然保護区に分類されている。

1964年、イギリスのアラン・クロフォード中佐ら一行は、火山活動により島に出現した新しい土地の調査のため、ヘリコプターでブーベ島に派遣された。 ここからがちょっと変な話です。 到着後、彼らは非常に珍しいものを発見した。 その土地はまだ10年ほどしか経っていないのですが、その土地で、ラグーンに浮かぶ廃墟となった救命ボートに遭遇したのです。 オールは岸に、銅製のタンクは岸にあった。 人影や遺体はなく、船体には印もなく、誰のものか分からない。 残念ながら、調査団にはあまり時間がありませんでしたが、出発する前にこの写真を撮りました:

Picture taken of the abandoned lifeboat

では、このボートはどこから来たのでしょうか? 遭難船から来たという可能性もありますが、その説は、島のあまりの遠さ、極小のサイズ、厳しい天候による視界の悪さなどから、疑わしいと見られています。 仮に遭難船だったとしても、どこへ行ったのだろう? 前述のように、救命艇の近くでキャンプをしようとした形跡も、シェルターとして使おうとした形跡もない。 また、何百キロも離れた難破船から流れてきて、たまたま島の近くに流れ着いたという可能性もありますが、それだと岸辺にあったオールなどの備品の説明がつきません。 数年後、再びこの島を探検したが、船もオールも銅製タンクも痕跡がなかった。 舟の持ち主が取りに来たのだろうか。 その可能性は低いと思われる。また、救命艇を回収するためには、ヘリコプターで吊り上げるか、海まで引きずっていって船に載せる必要があり、救命艇のような取るに足らないもののために多大な労力を必要とする。

  1. 救命艇は難破船の犠牲者のもので、偶然この島にたどり着いただけだった。 海岸に上陸した彼は、ボート(持ち運ぶには明らかに重すぎる)を置いて、何らかの食料と水源を探しに行ったのです。 厳しい気候に耐え切れず、島のどこかで倒れ、死んでしまったのかもしれない。 上記のように、ボートを発見したチームは、ボートがあった海岸からあまり遠くまで捜索する時間がなかったので、これは論理的な説明のように思えます。 しかし、まだいくつかの疑問が残されている。 当時、この島の周辺に難破船はあったのか? もしそうなら、なぜ誰もその船が自分の船だと名乗り出なかったのか? ボートはどこに消えたのでしょうか? もしかしたら、海へ流されたのかもしれないし、ラグーンに沈んだだけなのかもしれない。 残念ながら、知る本当の方法はありません。
  2. ある大きな船が探検でその地域にいて、海岸に上陸するために2、3の小さなボートでチームを送りました。 彼らが上陸したとき、彼らはボートの1つがわずかに損傷していることに気づき、チームはすべて良いボートに向かい、船に戻り、島を探索した後、出発しました。 キャンプをした形跡も人骨もなかったのは、このためだろう。 1964年にボートを発見したチームは、この島にほとんど滞在していなかったので、ボートが少し損傷していることに気づかなかったのかもしれない。 もしこの説が正しいなら、なぜ誰も自分の船だと名乗り出なかったのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。