ピーターパンカラーのパターン構築

Product: スーツジャケットとシャツの襟のバリエーションをパターンメイキングする<2047><111><4234>襟のバリエーションをパターンメイキングする<111><4234>サビーネ・デイビッド著 13. October 2020
Read in:
Deutsch
ミュウミュウ ランウェイでのピーターパンカラーのドレス(Photo Credit: Catwalkpix.com)

ピーターパンカラーは完全に今のトレンドで間違いなく目を引く存在です。 この丸い襟の形は1920年代に登場し、1960年代にルネッサンスを経験した。

ピーターパンカラー

Bubikragen Schnitt

このピーターパンカラーは事実上カラースタンドを持っていないので非常に平らである。 前身頃と後身頃を合わせたパターンに、肩の部分を少しオーバーラップさせて直接ドラフトしていく構造。 これにより、襟が肩の上に平らになるために必要な幅が得られます。

ダウンロード ドレス & ブラウス
116,80 €

TOC

Collar Construction:

Bubikragen Schnitt

フロントパターンのバストダーツを閉めます。 アームホールで1~1.5cm重なるように、背中のパターンを前肩に置きます。 肩が少し重なることで、衿の形がとても平らになり、同時に衿ぐりが広がりすぎて波打つのを防ぐことができます。 肩と背中心を1cm下げます。 前中心でネックラインを2cm下げ、新しいネックラインを後ろ中心に対して垂直に描きます。 ピーターパン・カラーを図に従って6cm幅で描きます。 前身頃の衿は、落ち感をよくするため、衿ぐりより0.7cm低く描きます。 4659>

High Peter Pan Collar

Hoher Bubikragen Schnitt

伸びたスタンドが高さを感じさせるピーターパンカラーです。 前身頃と後身頃を合わせたパターンに直接下書きをした構造。

衿の作り方:

Hoher Bubikragen Schnitt

表型にあるバストダーツを閉じ、裏型にあるダーツも閉じます。 肩と背中心部のネックラインを1cm下げます。 前中心でネックラインを2cm下げ、後ろ中心に対して垂直に新しいネックラインを描きます。 後ろの型紙を前の肩に置き、下げた首の位置を合わせ、アームホールで7~8cm重ねる。

Tags: 襟の種類
Product: スーツジャケットとシャツの衿のバリエーションをパターンメイキング
スーツジャケットとシャツの衿のバリエーションをパターンメイキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。