テクノロジー エバンジェリスト

キリスト教では、エバンジェリストという言葉は、マタイ、マルコ、ルカ、ジョン(4人の福音主義者としても知られています)によって書かれた(またはその著者とされた)4つの福音書の正典のタイトルで使用されているラテン語化したeuangeliumを介してコイネ・グリーク語の単語 εὐαγέλιον(音訳)に由来するものです。

「ソフトウェア・エバンジェリスト」という言葉は、アップルコンピュータのマッキントッシュ・コンピュータ部門のマイク・マレーによって作られたものです。 これは、IBM に対抗するための Apple のドライブの一部であり、サードパーティの開発者を美辞麗句で制し、Macintosh プラットフォーム用のソフトウェアやアプリケーションを開発するよう説得する取り組みを具体的に表現したものです。 ガイ・カワサキ自身の言葉を借りれば、それは “熱意と熱意(しかし決してお金ではない)を使って、インストールベースもなく、128KのRAM、ハードディスク、文書、技術サポートもなく、IBMが抹殺しようとしていた薄っぺらい会社が作ったコンピュータ用の製品を作るようソフトウェア開発者を説得する “ことを意味していたのだ。 テクノロジー・エバンジェリストと呼ばれる最初の人はマイク・ボイチ-マッキントッシュ・コンピュータを宣伝した人だ。 この仕事は、販売とトレーニングの両方に密接に関連していることが多いが、特定の技術マーケティングのスキルが必要である。 例えば、潜在的な購買者やユーザーを古い方法から新しい方法に変えるように説得することです。 また、グリーンITのような新しい製品を採用する場合もある。 テクノロジーエバンジェリズムに関わるマーケティングの側面は、ジェフリー・ムーアとテクノロジー採用のライフサイクルに関する彼の著書から強い影響を受けている。 彼の主張の1つは、早期採用と主流採用の間に存在する「キャズム」として彼が特定したものに取り組むとき、エバンジェリストの役割が重要になるということである

テクノロジーエバンジェリズムは、組織内の新しい慣行を奨励するために割り当てられた社内の従業員と関連付けられることがある。 利用可能なエバンジェリズムの方法には、修正STREETプロセス(Scope、Track、Rank、Evaluate、Evangelize、Transfer)およびハイプサイクルを利用したプロセスなどがある。 また、エバンジェリズムは、学習プロセスの形態をとり、学習管理システム(LMS)などのツールを採用することもできる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。