チューイングガムの現状

シュガーフリーガムの選択肢

ガムが「シュガーフリー」(砂糖0.5g未満)になると、規則が緩み始め、歯科医も見直すことができるようになりました。 アセスルファム-K、アスパルテーム、ネオテーム、サッカリン、スクラロース、ステビア、またはエリスリトール、イソマルト、マルチトール、マンニトール、ソルビトール、キシリトールなどの糖アルコールなどの甘味料そのものが、これまで砂糖によってもたらされていた甘みを提供してくれるようになるのです。 これらの甘味料は非カリ原性であるため、プラーク細菌はこれを好まず、代謝しないこともあります。 これは良いことです。 ただし、ガムの包装紙のラベルをよく読んで、何がシュガーフリーで何がシュガーフリーでないかを確認する必要があります。 そのために、アメリカ歯科医師会では、製品を使用することの利点を強調したSeal of Acceptanceを用意しています。 このシールは、歯科用製品の安全性と有効性を評価するためのゴールド・スタンダードとして認められています。 砂糖不使用のチューインガムだけが、ADAシールの対象となります。 ADAのSeal of Acceptanceを授与された無糖ガムをいくつかご紹介します>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。