クロスカントリースキー初心者のためのトレーニング

気温が下がり、日照時間が短くなると、いつものトレーニングに取り組むモチベーションも下がってくるかもしれません。 冬になると、私たちの体は冬眠してエネルギーを蓄えようとするため、睡眠時間が長くなり、食べ物も欲しくなり、座りっぱなしの生活を楽しむようになるのです。

幸い、オフシーズンは、新しいことに挑戦したり、古い趣味を見直したり、別のアスリートグループに参加したりするのにうってつけの時期です。 冬の間、スポーツを多様化させることで、シーズンを通して夢中になり、興味を持ち、報われ続けることができます!

特にクロスカントリースキーは、大臀筋、腹筋、体幹を活性化して、お尻を叩く有酸素運動にもなり、最も美しい冬の風景の中を移動できます(ボーナス!)。 この冬はスキーで過ごし、春にはどんなスポーツでも、その効果を楽しむことができるでしょう。

クロスカントリースキーを始めたばかりで、何から始めたらいいかわからない場合は、地元のノルディックセンターか整備されたトレイルに行って、このワークアウトを試してみましょう:

(次のワークアウトではスケートスキーに焦点を当てていますが、クラシックスキーが好きなら、簡単に適用できます!)。)

ダイナミック ウォームアップ プレスケート:

ミニバンド ラテラル ウォーク、ミニバンド キックバック、レッグ スイング (正面および側面)、回転を伴うウォーキング ランジ、バンドによるトルソー ツイスト

スーツ着用、10分間滑って自分のリズムやフォームを見つけてください。 しっかりウォーミングアップして、呼吸をコントロールする。

メインセット:

次の各インターバルで、10分間滑り、その間に2分間の休憩(軽いスケーティングまたはダブルポーリング)をしてください。少しオーバーしたテンポで5分、その後ダブルポールで2分半、これを2回繰り返します。

3回目のインターバル

ノーポールで滑る(背中に抱えるか、地元のループのトップに置いておきます。 ノーポールスキーは、テクニックを磨き、バランスを養うのに役立ちます。

5分休憩したら、次のセットへ。

閾値セット:

  • 2分×6回、2分休憩

この2分間、良いフォームでできる限り強く行うことです。 これは、あなたのしきい値を超えている必要がありますが、完全に無酸素運動ではありません。 安定した運動を心がけつつ、非常にチャレンジングに。

5分休憩

  • 5 x 1分全力、2分休憩

これは無酸素運動で、自分のコンフォートゾーンを押し広げるものでなければなりません。 目的を持ってプッシュし、フォームを整え、持続的な努力とリズムのための礎となる協調性を忘れないようにしましょう。 自分の限界に挑戦しましょう!

クールダウンに10分程度の簡単なスキーを行います。

トレーニングの後に持久力をつけたいと思ったら、有酸素運動的な努力で滑り、選んだ時間だけテクニックを鍛えましょう。

オフシーズンに厳しいスケジュールをこなすのではなく、週に数日、ストレスのない日を選んで、新しいアクティビティを追求しましょう。 良いオフシーズンの目標は、心と体をリフレッシュさせ、将来に向けて刺激的な目標を設定し、他の興味ある分野を探求することです。 スポーツを多様化することで、年間を通じてモチベーションを維持しながら、体力と強さを身につけることができます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。