キノコに夢中 …

他のキノコより早く、あるいは遅く出てきて、季節を広げてくれるおいしい食用キノコは、私たちの大好物であります。 この投稿では、カリー郡の名前であるヘッジホッグ (Hedgehog) または (あまり使われませんが) スイート トゥース (Sweet Tooth) を使って好んで呼ばれるハイドナムの場合がそうです。

  • 一つは、非常に一般的で、比較的見つけやすく、生息地が予測しやすいことだ。
  • このキノコは、他のキノコとほとんど見分けがつかないので、キノコ初心者に最適です。
  • 味は、ゴールデンシャンテレルによく似た風味と香りがあり(これは、「似ている!」ということで良いことです)、おいしいです。「
  • 保存性も高く、脱水したり、ソテーした後、小分けにして冷凍保存することもできます。

では、ハリネズミの何が気に入らないのでしょうか?


ハリネズミは大きさに大きな違いがあります。

さて、Hydnumに関しては、いくつかの小さな難点があります。

  • 私たちが避難所で見つけるハリネズミのほとんどは、一般的にかなり小さなキャップ(直径1~2.2インチのキャップが普通ですが、最大でほぼ5インチのものを見つけたことがあります)を提供するH. umbiculatumです。
  • また、ハリネズミはシャクナゲが好きなようで、木の茂みの中を手と膝で這いながら採取することになる。 エラがあるはずの傘の裏側にある小さな歯からゴミを取り除くのは大変ですが、これはほとんどの場合、かごの中の他のキノコと一緒になったときに起こることで、自然に起こることではありません。 しかし、茎の部分は別だ。茎の根元が土に触れていると、必ずと言っていいほど、土の表皮の一部が吸収され、粘着質に固着している。 しかし、根元には結構な量の肉があり、私たちのようにキノコ栽培で無駄を嫌う者にとっては、根元を切り落とすだけでは納得できないこともある。そこで、手間はかかるが、大きなキノコからこの汚い部分をナイフで鉛筆を削るように切り落としてしまうという方法がある。 通常は畑でこれを行い、(これが将来の結実のためになるかどうかはわからないが)切り落としたものを元の穴に詰め込む。 無駄なことをして、キノコの神様を怒らせるのは良くないと思うのです。 正直なところ、茎にこだわらないこともある。 ありがたいことに、茎は指の間で簡単に折れて、ハリネズミの根元は地面に置いたまま、茎の上部と傘はありがたいことに手の中にある!


ハリネズミにはエラではなく傘の裏側に
「歯」がついています。

オレゴン州北西部とワシントン州南西部では、通常10月中旬から下旬にハリネズミを見つけ始め、少なくとも1ヶ月、長く寒さが続かなければ12月まで見つけ続けることができます。 私たちは通常、11月初旬、または最初の霜が降りた後に彼らを見始めます。 スーパーボウルの日曜日に行われるヘッジホッグ・フォレーは、私たちにとって古くからの伝統です!

ゴールデンシャンテレルのシーズンの終わりとヘッジホッグの始まりは常に重なり、実際に初心者は一見してヘッジホッグをシャンテレルのものと勘違いしてしまうかもしれないほどです。 しかし、よく見ると微妙な違いがあり、ヘッジホッグはキャップがやや淡い。
帽子の裏側にある歯(トゲ)は1/8~1/4インチほどの深さで、簡単に折れてしまう。

ヒドロ虫のほかにも、このような氷柱のような突起を帽子の下に見せる歯付き菌は、実はいくつもあることに注意してください。 大きな傘のSarcodon、丈夫で革質のPhellodon、大きな子実体ともろい肉質のBankera、丈夫で繊維質の傘のHydnellumなどです。

歯状菌の仲間には、食用よりもむしろ羊毛染めとして重宝されるものもあります。 木材に生えるものもありますが、多くは林床に生息しています。 香りのよいものもあれば、匂いのないものもある。 殻は深くくぼんだものから鱗片状のもの、あるいは滑らかなものまであり、色は灰色からバフ、濃い赤褐色、黄色の濃淡のあるものなど様々である。 胞子は白色から褐色まで様々である。 ある歯状菌は、雨天時に赤い水滴を落とすこともある。

多くの歯状菌がありますが、私たちが避難所で非常に頻繁に、熱心に遭遇するのは、白い胞子を持つ2種のHydnum(umbiculatumとrepandum)で、最も一般的に食用として選ばれます。


この写真はハリネズミが見せる多様なサイズ
と形状を示しています。

さて、H. umbiculatumかH. repandumか、どうやって簡単に見分けることができるでしょうか。

  • H. repandumはしばしば2~6インチの大きさで不規則な形のキャップを持ち、茎は通常中心からずれていて、広葉樹の下で群れで果てるのが常で(時々針葉樹の下で休むのを見かける)、茎は H. umbiculatumよりも短く太くなるのが特徴です。
  • H. umbiculatumはH. repandumより全体的に小さく、針葉樹の下で群生し、H. repandumより薄い肉と暗い歯を見せるのが特徴である。 茎はやや中央寄りにあり、傘の上部中央に顕著な窪みがある。 それゆえ、「ヘソクリタケ」というニックネームがある。

HydnumがH. umbiculatumかH. repandumかは本当に重要か? 私たちには関係ありません。 私たちは個人的に2つのHydnumを区別していません。 肝心なのは、どちらもかわいくておいしいキノコで、いつも食卓に登場し、他の多くの良い食用植物がその年の終わりを迎えた後でも、キノコ狩りの季節を長くしてくれるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。