エンパスと聖霊からの贈り物?

どなたかこれを扱った聖句に基づく文献をお持ちではないでしょうか。
救われて以来、私が平安を感じるのは、夢と祈りととりなしです。
誰かのために祈るとき、その人が経験していることを「感じて」その状況に合わせて祈ったり、その人のために祈って感動して涙したり、その人を励ます聖句を受け取って分かち合ったりしています。

そして、その人たちのために祈り、感動し、涙し、そして、その人を励ます聖句を受け取るのです。 私はその言葉を聞いたことがなかったので、ググってみました。 そのサイトでは、基本的に「エンパス」である人の特徴を挙げていて、クリスチャンであることが確認できました。 その人は、ペットや動物、水や自然のそばにいることを好むと書かれていました。 人ごみに長時間囲まれると疲れる。 人は嘘をつくとすぐにわかる。 否定的/受動的な攻撃的な人と一緒にいることに耐えられない。 そのような人は、ナルシストを引き寄せてしまい、また消耗してしまうこと。 基本的にリストから私は説明の大部分に識別されます。
私のスレッドの目的は、これをテストするためのものです。 このフレーズを使用するオカルト/ニューエイジのサイトがあまりにも多いので、私は基本的に聖典に沿ってこれを研究した人がいるかどうかを尋ねています。 聖書には「エンパス」という言葉について言及しているものはないので、これを書き出す前に、皆さんの考えはどうなのだろうと思いました。 聖書では、これは預言的才能の一部ですか? もしあなたが執り成しをする人なら、祈っている人への同情で、涙が出るほど感動することがありますか?
もう一度ウェブサイトを探して、それを入れてこのOPを編集しようと思いますが、その間、特にあなたがすでにこれを調べたなら、あなたの考えを自由に書き込んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。