アルコール関連先天性欠損症: FASDと胎児性アルコール影響

Alcohol-Related Birth Defects:Fetal Alcohol Spectrum Disorders and Fetal Alcohol Effects

妊娠中のアルコール使用は、子どもの精神遅滞の主要原因です

アルコールによる被害の多くは、母親が妊娠を自覚する前に起こっているのです。 アルコールがどのくらい赤ちゃんに害を及ぼすか、正確には誰も知りません。 一切使用しないのが一番安全です。 赤ちゃんは大人ほどアルコールを代謝しないので、妊婦が飲むアルコールは、自分よりも赤ちゃんに大きな影響を与えます。

顔の異常はFASの重要な側面ですが、常にあるわけではなく、アルコール関連の出生時障害の一つの要素に過ぎません。

  • Fetal Alcohol Syndrome “Better Safe Than Sorry” Curriculum Slides and Videos Online
    (View Alcohol-Related Birth Defects Slideshow)
  • U.S. Surgeon General’s Advisory on Alcohol Use in Pregnancy
  • UNC Scientist Leads Bowles Center Efforts to Prevent Fetal Alcohol Syndrome (Center Line, Vol. 13, No 3, 2002)

Fetal Alcohol Spectrum Disorders

  • NIAAA Alcohol Alert on Fetal Alcohol Syndrome
  • National Organization on Fetal Alcohol Syndrome(全米胎児性アルコール症候群研究会 (NOFAS)
  • FASD Center for Excellence
  • Centers for Disease Control and Prevention Fetal Alcohol Spectrum Disorders
  • Drinking and Your Pregnancy(飲酒と妊娠)。 国立アルコール乱用・アルコール依存症研究所

より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。