アルコール硬化注射Vsアルコール神経溶解注射

Alcohol neurolytic injections

アルコール注射の第2のタイプは、はるかに高い濃度のアルコールで行う神経溶解アルコール注射である。 (神経細胞を死滅させ、痛みを伝える神経細胞の機能を完全に除去し、神経細胞の成長を止めます。 これらの注射は、はるかに高いアルコール濃度で行われるため、必ずこれらの注射に熟練した臨床医が超音波誘導下で行う必要があります。 この注射は非常に効果的で、最近の研究では85%以上の効果があることが分かっています。 経験豊富な臨床医が超音波ガイド下で行った場合、その有効性はさらに高くなると考えています。 この注射は神経腫を縮小させるかもしれませんが、その可能性は低く、神経腫を殺すだけで、通常、ウェブスペースの1円玉ほどの小さなしびれを除けば、合併症はほとんど起こりません。 このしびれは6ヶ月ほど続きます。

通常、1、2回の注射で完全に痛みが取れ、その後、痛みの軽減は通常永久的なものです。 まれに神経が再生し、再び刺激や痛みを感じるようになることがありますが、その場合は通常6~8年後で、その場合は神経溶解注射を1回繰り返す必要があります。

モートン神経腫に対する神経溶解注射の効果に関する医学研究を読むには、ここをクリックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。