アルコール使用に関する神話と事実

Myth vs. Fact reference: http://checkyourself.com/AlcoholMyths.aspx

神話:誰もが酒を飲む

事実:10代の若者の31%が過去1カ月に酒を飲んだことがあると答え、69%は飲んでいないことになる!

事実:10代の若者の31%が過去1カ月に酒を飲んだことがあると答え、69%が飲んでいないことになる。

迷信:酒の前にビール、病気になったことはない。

事実:これは、人が飲むと病気になる理由を説明するために使われる古い都市伝説ですが、それは真実ではありません – 血中アルコール濃度(BAC)は、あなたがどれだけ酔っているかを決定するものです。

迷信:必要ならすぐに酔いを覚ますことができる

事実:シャワーを浴びたり、コーヒーを10杯飲んだり、パンを食べれば酔いが覚めると考えているなら、考え直せ。

迷信:ブレスミントが飲酒検査を欺くのに役立つ

事実:ブレスミントがあなたのBACレベルに影響を与えることはありません。

神話:アルコールはセックスをより良くする。

事実:アルコールは社交の場で不快感を少なくすることができます。 しかし、現実には、アルコールは実際に男性の勃起を妨げたり、維持することができますし、女の子の性欲も低下させることがあります。 さらに重要なことは、アルコールはあなたの意思決定能力に影響を与えるということです。

迷信:飲まないと友達に変に思われる

事実:友達は何があっても友達であり、ビールのようなくだらないことで友情をあきらめることはないでしょう。 もし、それを大げさに言うなら、結局、彼らはあなたの本当の友人ではないのです。

神話: 最悪の事態は、気絶して明日二日酔いになることだ。

事実: アルコールの飲みすぎで死ぬことはあり得るし、実際にある。 これは、アルコール中毒または急性アルコール中毒として知られており、体内のアルコールレベルが毒として作用し、薬物の過剰摂取による死を引き起こす場合に起こります。 また、飲酒運転や転倒、自殺など、アルコールに関連した事故による死もあります。

迷信:人はいつも飲酒で気を失っている。

事実: 失神するのは、体がアルコール量に耐えられなくなるためです。 アルコールは中枢神経を抑制する作用があり、心拍数を遅くし、血圧を下げ、呼吸数を遅くする働きがあります。 アルコールによって脳が十分に抑圧されると、気を失うのです。 気絶するのに必要なアルコールの量は、死ぬのに必要なアルコールの量に危険なほど近いのです!

迷信:酔っている人にする一番良いことは、ベッドに入れて寝かせること。

事実:これは一部真実ですが、実際、酔っ払いは無力で世話をしてあげなければならないのです。 酔っぱらっている人を一人にしないでください!

「でも、もし友達が気を失ったら、私は助けを呼ばない。 もし迷惑をかけたら、生きていけない」

真実: 助けを呼ばないと、その友人は怒って生きていないかもしれない。 飲みすぎて気絶する人は、意識がなく、アルコールを摂りすぎた状態です。 この人はアルコール中毒に陥っており、医師の診察が必要です。

迷信:アルコールと一緒にカフェインを飲むと酔いにくくなる

事実:アルコールは刺激剤としても抑制剤としても作用します。 逓減点」とは、刺激と多幸感のピークとなるBACのことです。 このポイント(0.06)では、アルコールは刺激剤として作用する。 BACが高くなればなるほど、プラスの効果は少なくなります。

人がアルコールを飲みすぎると、体の自然な反応として眠くなり、心拍数や血圧が低下し、呼吸が遅くなる。 しかし、カフェインは刺激物でもあるので、体を覚醒させるのに役立ちます。 これは危険な組み合わせです。カフェインが体を騙して、疲れていない、実際ほど酔っていない、と思わせてしまうからです。 したがって、アルコールとカフェインを飲む人は、アルコールだけを飲む人よりも、一度に多くのアルコールを摂取する可能性が高くなります。 これは、アルコールの過剰摂取やその他の危険な行動のリスクを高めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。