アルコールからのデトックス時に食べるべき5種類の食品

アルコールからの離脱は人それぞれで、数日から丸1週間続くこともあります。 しかし、解毒の段階(あなたの体はアルコールの完全に自分自身を取り除くとき)は、離脱の終了後によく続くことができ、数週間継続します。 人生のほとんどのインスタンスと同様に、あなたの体は、このステージ中にそれに置くものに基づいて、それに応じて反応します。 一般に水分補給は重要ですが、特にアルコールを断つときは、体が通常より少ない水分摂取に適応しているためです。 しかし、ある種の食品群には、禁断症状や解毒の不快感を和らげる効果があることも分かっています。 以下の食品は、解毒のプロセスを助けることができます。

Fruits and Vegetables

Due of its high amounts of fiber, fruits and veggies will digest quickly.The following foods can aid in the detox process.食物繊維が多いので、野菜と果物はすぐに消化されます。 また、アルコールから撤退または解毒している人々は、しばしば甘いものを欲しがるかもしれません。 果物には糖分が含まれているので、甘いものを食べたいという欲求を満たしつつ、デトックスの段階では食欲が減退しがちなので、胃に負担をかけないようにすることができます。 Mayoclinic.comによると、ラズベリー、洋ナシ、オレンジ、イチゴ、バナナ、イチジクなどの果物や野菜がおすすめです。

全粒粉

炭水化物は回復に不可欠です。 もちろん、白いパンのような精製された穀物もエネルギー源として炭水化物を提供しますが、長期的にはあまり健康的な選択肢ではありません。 全粒粉は食物繊維が豊富なため、満腹感が得られ、消化不良を起こすこともありません。

ビタミンBを含む食品

長期のアルコール摂取によりビタミンBが不足するので、補給することが大切です。 ビタミンBを多く含む食品は、サーモン、ブロッコリー、アスパラガス、ロメインレタスなどです。

脂肪分の少ないタンパク質

解毒中のアルコール中毒者の多くは、食欲が落ちたり単に食事に消極的になりますが、繊維質を多く含む食品は満腹感を得るのに役立ちます。 また、低脂肪のタンパク質は、気分やエネルギーに良い影響を与え、再発の可能性を低くするため、理想的です。

Cayenne Pepper

魅力的に聞こえないかもしれませんが、カイエンペッパーを食品に加えると、アルコールへの欲求を抑え、食欲を増進させることができます。 デトックス中は食欲が抑えられ、必要な栄養が行き届かないことが多いので、これは有益です。 また、カイエンペッパーは吐き気などのアルコールの禁断症状を軽減する効果もあります。

デトックス中にこれらの食品を食べるようにすれば、順風満帆とはいきませんが、デトックス段階に伴う不快感や欲求を緩和することはできるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。