アメリカ大陸で最も古い人類の足跡を発見

最初の発掘 2007.JPG
2007年に初めて発掘されたPilaucoサイト。
Courtesy of Karen Moreno
  • 考古学者は、アメリカ大陸で発見された最古の足跡を発見しました。
  • 15600年前の指紋は、2011年にチリ南部で初めて発見されましたが、今回科学者は、それがおそらく人間のものであると最終決定しました。
  • 新しい研究によると、この足跡は、1万2000年前以前、つまり科学者が以前考えていたよりも早く、人類がアメリカ大陸に存在していた証拠である。

約15600年前、裸足の男が古代チリの泥地を横切った。

科学者たちは2011年、チリのオソルノ市にあるピラウコ遺跡で、その足跡を発見しました。 しかし、PLoS One誌に発表された研究によると、研究者たちは、この足跡が本当に人間のものであると断定したのだ。 “しかし、15,000年前にそこにいたホモ種は、ホモ・サピエンスだけだ”。

その発見は、人類の歴史の年表を書き換えるのに役立つかもしれない。 「

An undeniably human footprint

Pilauco footprint
Pilauco footprint のオリジナル写真は、2010年に撮影されました。
Courtest of Karen Moreno

2007年から2016年にかけて行われたピラウコ遺跡の発掘調査では、マストドン、昆虫や軟体動物の化石、人間が作った石器なども発見されました。

放射性炭素年代測定を使用して、Moreno氏と彼女のチームは、足跡と同じ堆積層で見つかった植物が約15600年前のものだと突き止めました。

次に、この足跡がどの種類の生物のものかを特定するために、科学者たちはX線画像、測定、および石膏による復元を行いました。 その結果、その指紋は、アーチ、丸いかかと、細長い外反母趾など、ホモ種以外の動物が作ったとは思えない特徴的な形をしていることが分かりました。

Pialuco
この足跡を作った生物は、現代人と同じように細長い外反母趾を持っていたのだそうです。
Courtesy of Karen Moreno

研究者たちは、この足跡が人類の祖先から来たという仮説を、似たような(現代の)泥の中で人間の足の衝撃をシミュレートすることで検証しました。 研究者たちは、体格の異なる3人の人間に堆積物の床を歩いてもらい、発見されたものと同等かそれ以上の足跡を「簡単に作り出すことができる」と結論付けました。

研究者たちは、なぜ足跡のトラックウェイではなく、たった1つの足跡が見つかったのかは分かりませんが、泥の混合層が残りの足跡を埋めてしまったかもしれないと指摘しています。

Humans came to the Americas than we thought

A ancient footprint is pictured, having a cracks due to desiccation after the extracted from the original site, sometime April 2019 in Chile, Osorno. Universidad Austral de Chile, Laboratorio de Sitio Pilauco/Handout via REUTERS
チリ、オソルノにある古代の人類の足跡。
ロイター

ピラウコの足跡は、考古学者がこれまで考えていたよりもはるかに早く、古代人がアメリカ大陸に定住したことを示す新たな証拠になる。

何十年もの間、科学者たちは、アメリカ大陸に最初に定住したのは、現在のアラスカとロシアの間のベーリングランドブリッジを横断し、約1万3500年前に北アメリカやその他の地域に広がったクロヴィス人であると考えていました。

この説が生まれた理由のひとつは、古代人の足跡がアメリカ大陸の化石記録では稀であることでした。 モレノによると、多くの足跡は、最後の氷河期の終わりである11,700年前に縮小した氷河の後退によって破壊された可能性があります。

PILAUCO
チリの15600年の足跡を残した古代人のレンダリング画像。
Mauricio Alvarez/Courtesy of Karen Moreno

これまで科学者は、チリの別の遺跡であるモンテベルデに保存されている古代人の足跡が、アメリカ大陸で最も古い足跡だと考えていました。 しかし、それらの足跡はピラウコ遺跡で発見された足跡よりも約1100年若かったのです。

モンテベルデの足跡もピラウコの足跡も、研究者がクロヴィス族が最初に北米に渡ったと考えている日付より、少なくとも1000年前に作られました。 これは、「クロヴィス族が最初に渡った」という説に疑問を投げかけるものである。 南米ではかつて人類が巨大なナマケモノを狩り、食肉処理していたことが、1万2600年前の骨から判明

NOW WATCH: 株式会社インサイダーの人気動画

NOW WATCH: 株式会社インサイダー

の人気動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。